フリーランスが確定申告を「高速」で終わらせる法<No 417>

Pocket

普段と同じように過ごす

年が明けて2018年となりましたが、
「まだまだ正月モードが抜けきれない」
なんて方もいるでしょう。

私は年末年始をいつもと同じように過ごしました。

  • 元旦から4時半起床
  • ルーティンをこなしてから朝食

さすがに三が日はブログをお休みして
家族と過ごしましたが、家族と過ごすのは
三が日に限らず年中同じです。

何か特別なことをするのではなく、
普段と同じように過ごすことで、
正月明けもスムーズにいく。

確定申告も同じだと思います。

申告間際になってから頑張るのではなく、
普段からコツコツやっていれば、
焦ることはありません。

私の場合、自分の決算と申告準備はすでに終わっています。

あとは1月15日のe-Tax開始を待つばかりです。

 

 

フリーランスが確定申告を「高速」で終わらせる法

確定申告を早く終わらせるにはどうすればいいのか?

この答えの前に「どうして早く終わらないのか?」を考えます。

これを、「課題」「原因」「解決策」の順に図にしてみました。

 

 

課題は「なぜ終わらないのか」。

その原因は、

  1. 本業が忙しい
  2. 経理の効率化ができていない

の2つです。

原因に対しての解決策は、それぞれ2つずつ。

  • 仕事を減らす
  • 人を増やす
  • ルーティン化する
  • ITを利用する

これら解決策を順に見ていきます。

 

人を増やす

フリーランスとして独立すれば、
初めは大抵ひとりです。

そこから拡大志向の方なら、
人を増やすという流れもあり得ますが。

独立1年目から売上が急増することは稀であり、
仮に増えたとしてもいつストップするかはわかりません。

そんな状況で人を増やすことにはリスクが伴います。

どうしても仕事が回らないのなら始めはスポットで
依頼して、直接の雇用は長期的な売上が確保できるよう
になってからにします。

 

仕事を減らす

「人を増やす」のとは別の軸として、
「仕事を減らす」というのもアリでしょう。

ある程度、売上が確保できるようになったとき、
人を増やして「売上の高さ」を求めるのではなく、
仕事を減らして「売上の質」を求めるようにします。

質の基準は3つあります。

 

一番いいのは、この3つが重なるところですが、
現実的になかなかあるものではありません。

ですので、目指すべきは2つが重なる仕事です。

 

ルーティン化

経理の効率化ができない理由は、

  • やり方を決めていない
  • やる時間を決めていない

この2つです。

まず、その時々でやり方を変えてしまうと、
その都度新たなやり方を覚えなければなりません。

当然、スピードは落ちます。

また、やる時間を決めていなければ、
取りかかるまでに時間がかかります。

ですので、経理は1日の始めに無意識で出来る
レベルにまで落としていきます。

 

ITを利用する

まだまだ、手で申告している方も多いので、
会計ソフトの利用だけでも効率化の部類に入ります。

しかし、ITは日々進化しているので、
その上をいきましょう。

  1. ネットバンク
  2. クレジットカード
  3. クラウド会計

ネットバンクの利用がまだなら作りましょう。

ネットバンクを利用できれば、

  • 日付
  • 金額
  • 勘定科目
  • 摘要欄(取引詳細)

を全て会計ソフトに取り込むことが出来ます。

これらを一つ一つ入力する必要はありません。

クレジットカードも同じです。

更に、クラウド会計を導入すれば、
AIが日々学習してくれます。

会計ソフトに取り込む作業も簡素化されます。

 

それでも現金取引は以前として残ります。

そこで現金取引も入力せずにITを利用したこんなサービスもあります。

 

スマートフォンで読み取るなら

対応スキャナで読み取るなら

 

 

 

確定申告は仕事のバロメーター

爆発的な伸びを期待するスタートアップは別として、
フリーランスが着実に食べていくのなら、
売上高よりも「仕事の質」をとことん研究します。

経理もそのうちの1つです。

確定申告がスムーズにいっていないなら、
自分がどこでつまずいているのか、
一度立ち止まって考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時35分起床後ルーティン
午前中、e-Tax送信
午後からブログ執筆