スポンサーリンク




クラウド会計MF(マネーフォワード)で補助科目を設定したときの注意点<No 676>

)佐賀県杵島郡白石町のれんこん。ふるさと納税の返礼品

 

 

気力と能力

時代の先端をいくクラウド会計。

ネット上にある大量のデータをあっという間に取り込んでくれます。

これはこれで便利なのですが、何もかも自動でできるわけではありません。

できることが多くなった分、事前に細かな設定をしておかなければ、
後々、余計にややこしくなります。

ここで、

  • 事前に設定できる気力と能力
  • 事後に修正できる気力と能力

があれば良いのですが。

そうでないと、結局、従来の会計ソフトの方がマシだった、
さらに、紙の帳面の方が・・。

なんてことにもなりえます。

 

 

補助科目を設定したときの注意点

売掛金や買掛金など、相手先が複数ある科目の残高を合わせるには、
補助科目をつくると便利です。

紙の帳面であれば、それぞれ「得意先元帳」「仕入先元帳」と呼ばれています。

これらを備え付けた人は、当然、これらの帳面があることを認識しています。

従来の会計ソフトも同じです。

ところが、クラウド会計だと、意識なく補助科目が出来上がってしまいます。
(freeeは補助科目の概念がない)

マネーフォワード(以下、「MF」)で作成した私の現金を見ると、

 

 

現金にこれだけの補助科目が紐ついています。

恐らく、新規のデータ連携をするときに、意識なくデフォルト設定を選んだのだと思います。

勝手に補助科目が出来上がっているのですが、当の本人はその存在を忘れています。

それでも、税理士や企業の経理担当者のように、常に試算表を見る癖のある人なら、

  • 補助科目の残高がマイナス
  • 「補助科目なし」に残高がある

の意味を理解して修正することは可能です。

しかし、フリーランスや個人事業主の方だと、そこまで気づくのは難しい話です。

そういった仕訳が何百、何千もあると、お客様側で修正するのも一苦労です。

かといって、税理士側でやるとなると、やるべき処理の仕方はわかっていても
その取引事態の詳細まではわかりません。

仮に税理士がやったとなると、お客様がその修正過程を知ることなく、
翌年を迎えることになってしまいます。

なので、できる限り修正方法をお伝えして、
大変ではありますがお客様に修正してもらうのがいいでしょう。

お客様側でも、普段から気を付けておくポイントがあります。

確認方法は、「会計帳簿」から「残高試算表」を選択する。

 

 

「補助科目なし」の表示がないか、また、残高がマイナスになっていないかチェックします。

 

「補助科目なし」の表示があれば、その表示をクリックすると、該当する仕訳に飛びます。

そこで補助科目を仕訳の画面で適宜決定していきます。

また、残高にマイナス表示があれば、

  • 発生の仕訳が漏れている
  • 他の補助が紛れ込んでいる
  • 逆に他の補助に当該補助が紛れ込んでいる

可能性があるのでチェックしましょう。

 

 

スポンサーリンク

クラウド会計は諸刃の剣

クラウド会計をうまく使いこなせれば、それなりに便利ではあるのですが。

勝手に出来てしまうというところが曲者です。

最初は、従来の会計ソフトをメインとして、クラウドはサブで利用する。

二年目からメインに昇格するといった使い方も検討しましょう。

 

 

 

<編集後記>
4時30分起床後ルーティン
午前中、Chatworkで修正のやり取り、年末調整、申告書チェック、ブログ執筆
午後から、記帳指導でお客様訪問、歯医者で定期検診、夕食、ブログの続き


)佐賀県杵島郡白石町のれんこん

 

一つ300円だとしたら、

300円✕5つ✕3本=4,500円

6,000円のふるさと納税なので、返戻率・・。

来年はあるかなぁ〜。

 

天ぷらと炒めものにして美味しくいただきました。

腕のいいシェフがいて幸せです。