フリーランスが稼いだら「事業税」は忘れた頃にやってくる。個人事業税の支払方法<No 528>

Pocket

 

 

儲けが290万円超えたら「事業税」はやってくる

フリーランスが独立して儲けが出たら、
「所得税」や「住民税」を払わなければなりません。

消費税は早くても二年後(三年目)からなので、
すぐにはかかりませんが(※1)、
儲けが290万円を超えると(※2)事業税もかかってきます。

※1二年目からかかる例外あり
※2ざっくりと

 

 

個人事業税の支払い方法

事業税は儲けから事業税控除(290万円)を
差し引くことができます。

なので、事業税の計算上、儲けがそれ以下なら
事業税はかかりません。

ただし、年の中途で事業を開始したら、
290万円を月数按分しますので、
もっと少ない金額になります。

この辺については過去記事で書いています。

 

確定申告で所得税の支払いはよく憶えているけれど、
事業税は忘れた頃にやってきます。

この事業税も支払い方法が複数あるので挙げてみます。

 

 

金融機関で納付

オーソドックスなやり方です。

銀行や信用金庫に納付書を持参して支払います。

 

 

Pay-easy(ネットバンクで支払)

届いた納付書にPay-easyのマークがあれば、
自身のネットバンクから支払いことができます。

ネットバンクも対応している金融機関とそうでないのがあるので、
サイトで確認します。

大阪府ではネット専業が「ジャパンネット銀行」だけなのが意外です。

ソニーや住信などネット専業とゆうちょも対応していません。

ゆうちょはPay-easy自体は対応していますが、
個人事業税(大阪府)に対応してません。

※ 個人住民税(大阪府)は対応しているのですが。

 

 

Pay-easy(ATM)

ペイジーはATMでも対応しています。

ATM画面上の「税金・料金払込み」ボタンから入り、
納付書に記載された収納機関番号などを入力します。

ただし、大阪府だとゆうちょは対応していません。

Pay-easyは、ご利用のネットバンクとお住まいの都道府県が
共に対応していることが条件になります。

 

 

コンビニ納付

セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンなど
主要なコンビニで利用できます。

ただし、30万円以下に限ります。

 

 

振替納税

大阪府だと紙での申し込みしか対応していません。

口座振替納税のご案内(大阪府)

しかも、申込みから「概ね3ヶ月後」からと対応が遅いです。

住民税だとネット対応だったのですが・・・

住民税のWeb口座振替。面倒でも1回で済ますならコレ<No 280>

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

結論、今後も継続して事業税がかかりそうなら「振替納税」にしておく。

ただし、今からだと8月納付は間に合わないので、

  • 8月分はPay-easy(ネットバンク)を利用
  • 今から振替納税を紙で申し込み(11月分から対応)

すれば、以降の手続きは何もありません。

預金の残高だけ注意しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
21時半就寝
0時起床後プーチン&World Cup開幕戦観戦
そのままルーティン開始
2時半から7時まで仮眠
午前中、e-Tax送信、損保会社へ問い合わせ、chatworkでやり取り
午後から、ブログ更新