スポンサーリンク




数字に表れないブランディングのメリット<No 1360>

)人生最長ひとり30キロに挑戦

走ることが営業になる

ご依頼をいただいた理由のなかに、「マラソンやトライアスロンをやっているから」というお言葉をいただくことがあります。

ブログにしろYou Tubeにしろ、多くのかたに見られているわけではありません。

それでも、こうして少なからず仕事につながっています。

そこに興味を持っていただいたかたと共に仕事をしたいから

これは自分で意図したことであり、ある意味、ブランディングでもあります。

誰でもいいと思っている人からたくさんのご依頼をいただくよりも、
私に興味を持ってくださる少数のかたからご依頼をいただけることが本望です。

8月から始めたYou Tubeは、特にその方向性でやっています。

数字に表れないブランディングのメリット

疲弊しない

仕事をしていて、

誰でもいいと思っている人と、私だからお願いした人

というのは接していて感じるものです。

誰でもいいと思っていると人だと、仕事は流れ作業になりがちです。
(互いに)

人で選んでいただいた場合、仕事の話をしていても、そこから脱線することがあります。

そして、脱線した話から仕事につながるアイデアが浮かぶことも。

そうした、余裕というか、余白の部分があると、互いに楽しいものです。

ご依頼をいただいて、「楽しい」というと、不謹慎に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが。

自分が仕事を依頼したときに、仏頂面でこなされるよりも、笑顔のかたのほうが嬉しいものです。

最近、自分が通っている、とあるところも、笑顔のかたがいる曜日を選んでいます。

三方良しか

たくさんご依頼があると、それだけ売上にもなりますが、実際にその状態が楽しいかどうか。

数年前に、仮想通貨バブルがありましたが、そのとき、続けてご依頼をいただくことがあったのですが、やってて楽しいかといったら、そうでもなかったなと。

仕事に対して手を抜くことはありませんが、その仕事をやった先にビジョンが互いにあるかどうか。

そういう意味で「三方良し」とはうまい言い方だなと。

売り手と買い手が互いに有益であっても、世間にとってどうなのか?

といったことも頭に入れておかないと、単なる金儲けになってしまいます。

生きるか死ぬかの瀬戸際なら、そんなことも言ってられませんが、互いにそこまでの状況ではありません。

数字だけを求めない

ブログもYou Tubeもたくさん見られているわけではありません。

数字だけを求めていれば、もうすでにやめていたでしょう。

やめないのは、少なからず、ご依頼の後押しになっているからです。

<編集後記>
11月12日金曜日
6時00分起床後ルーティン
You Tube 2日分撮影、編集、アップ。
午後からブログ更新。

11月13日土曜日
4時30分起床後ルーティン
勝尾寺ヒルクライム 6時40分出発→9時40分帰宅。
あとはゆっくりと。

)勝尾寺ヒルクライム 登頂後

11月12日金曜日
5時30分起床後ルーティン
夢洲でデュアスロン。
ラン1.8km バイク18km ラン3.6km

)デュアスロン スタート前 

見通しのいい直線コースから始まります。

スポンサーリンク