スポンサーリンク




医療費控除は集計しない。医療費集計フォームの使いかた<No 1406>

)医療費集計フォーム

その仕事に価値を感じてくれているか?

税務にかかわる仕事をしている人でも、電卓での集計が好きな人と嫌いな人がいるでしょう。

私は嫌いではありません。

むしろ、好きなほうかと。

ブログを書いたり、人前でしゃべったりするよりも緊張しませんし。

ただ、電卓や集計にとどまっていたら、時代に取り残されますし、何よりせっかくとった資格がもったいないかなと。

ということに気づいたので、生まれながらの性格に相反し、心と体にムチを打ちながらYou Tubeなんかも始めています。

話を戻すと、自分じゃなくてもできることはお客さまにやっていただき、こちらは、お客さまにできないことに注力します。

そうじゃないと、「楽できて、助かった」と思われはしても、価値を感じてくれないでしょうから。

医療費控除を集計しない。医療費集計フォームの使いかた

e-TaxからExcelフォームを入手

医療費控除を入力するExcelフォームは、e-Taxサイトから入手できます。

e-Taxで検索し、サイトに入ったら、「各ソフト・コーナー」を選びます。

 

次に、「確定申告書等作成コーナー」を選びます。

 

すると、次のサイトに移ります。

右側にある、「集計用ファイルのダウンロード」から「医療費集計フォーム」を選びます。

 

下のほうにある、「医療費集計フォームダウンロード」をクリックすると、Excelフォームがパソコンにダウンロードされます。

 

パソコン内にあるダウンロードフォルダを確認すると、「iryouhi_form〜」と記載されたExcelファイルがあります。

ここで、ファイル名をわかりやすい名前に変更しておきましょう。

医療費フォームは単純なつくりなので、

  • 医療を受けた人
  • 病院名
  • 区分の選択
  • 金額

をいれるだけです。

 

Excelなのでお客さまでも入力できる

これを税理士本人あるいは職員がやっていたら、これまで通りソフトに入力するのと変わり有りません。

こうした、誰がやっても変わらないことは極力、お客さまにやっていただくようにします。

Excelが使えるお客さまなら、フォームを渡しておいて入力してもらい、

  • メール添付でもらう
  • クラウドで共有する(DropboxやOneDrive)
  • それもダメならUSBに保存してもらう

といった方法で、Excelフォームをもらいます。

申告件数が少なければ自分で入力しても、それほど時間はかかりませんが、10件以上になると積もり積もれば結構な時間になります。

お客さまの場合、自分の医療費1件だけです。

Excelが使える人であれば、集計する時間+Excelに入力する時間を合わせても、1時間もかからないでしょう。

ここで、「そんなの、お客さまに頼めない」と感じたら、自分自身、作業代としてお金をいただいているという認識があるのでしょう。

逆に、作業だけでなく、アドバイスとして発する言葉・情報提供に価値を感じてくれているならば、頼めるでしょうし、お客さまに受けいれてももらえるでしょう。

とはいえ、Excelが使えるお客さま限定にはなりますが…

入力済みのExcelフォームを申告ソフトに取り込む

お客さまに入力していただいたExcelフォーム、これを税理士側で再度、申告ソフトに入力していたら意味がありません。

データでいただいたら、「入力せずに、そのまま使う」が鉄則です。

申告ソフトの医療費入力画面にて、入力済みのExcelファイルを取り込みます。

私が利用しているJDLの所得税だとExcelファイルのインポートに対応してくれています。

マネーフォワードは、確認したところ、1月21日現在対応していないようです。

ファイルの取り込みは、所得税ソフトで、医療費控除の入力画面を表示します。

 

左側の帯になければ、右上にある「作成帳表選択」から、

 

「医療費控除・セルフメディケーション税制の明細書」のボックスにチェックを入れます。

 

すると、医療費控除を入力できる画面が表示されます。

ここで、上段の中央にある「インポート」をクリックすると、外部からのファイル取り込みができます。

 

他社製ソフト間のデータ移行は(互換性がなく)できないことが多いので、こうしてすんなり取り込めると鳥肌が立つのは私だけでしょうか。

 

「更新」ボタンを押すと、氏名・名称・区分・金額が反映されています。

ソフト立ち上げからファイルのインポートまで、1分程度でできました。

やっぱり話すことに価値がある

コロナ以降、会って話すことが難しい世の中になりました。

変わりに、メールやデータのやり取りだけで完結する仕事も多くなっています。

とはいえ、お金を払う側からすると、たとえ会えなくても、電話で話したり、オンラインで顔を見ながら話したいという思いはあるのかなと。

今回は、普段オンラインをやらないお客さまにも声掛けしています。

<編集後記>
1月20日木曜日
4時30分起床後ルーティン
償却資産申告、You Tube撮影・編集。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク