スポンサーリンク




全体の共感を得る必要はない。2-6-2の法則 <No 38>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

経営者の統率

経営者は、組織全体を統率しなければなりません。

たとえ、それが5名や10名の小規模な組織であっても

必要になります。

しかし、従業員の皆が、経営者と同じ方向に

向かって邁進するという姿は、なかなか見られる

ものではありません。

ここで思い出してほしいことは、アリの習性です。

 

アリの習性

アリのなかには、全体の2割に相当する働かないアリがいます。

その2割の働かないアリを排除しても、また2割の働かないアリ

が発生します。

 

組織に応用するアリの習性

組織においても、上位2割のポジティブなグループ、下位2割の

ネガティブなグループと、中間の6割のグループに分かれます。

先のアリに当てはめると、下位の2割を改善させようと、対話を

もったり、給料を上げたりと試行錯誤を行いますが、何をしよう

が状況は変わらないものです。

そこで、その下位の2割を排除しても、結局、モチベーションの

低い下位の2割が発生するのなら、あえてそこには、目をふれず

上位のポジティブな2割に目をやります。

上位の2割のモチベーションをあげることが、中間の6割へ

良い影響をもたらします。

真ん中の6割は、上位にも下位にもいく要素がありますが、上位

の影響力が及ぶことにより、モチベーションを上げることが可能に

なります。

上位の2割は、自分で考え、自分で動けるチカラと、ポジティブな

モチベーションを備えています。

経営者は、上位の2割にはモチベーションを維持出来る環境づくりを

、真ん中の6割には、組織が目指すべき方向と仕事の仕組化を

整えてあげる必要があります。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>

ラン3km続けてます

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク