スポンサーリンク




マイナス金利によるメリットは?設備投資は慎重に<No 22>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

マイナス金利に伴う貸出金利の低下

日本銀行のマイナス金利導入に伴い、金融機関の貸し出し金利が

下がりました。

日銀総裁も、新規借入のハードルが下がることにより、

企業が新たな設備投資を行うことに期待しています。

 

新規借入に伴う設備投資の是非

しかしながら、企業の設備投資は期待ほど、増えていない

のが現状です。

その理由は、企業の多くは、景気の先行きが見通せずに、

目先の餌に飛びついたは良いものの、景気が先細りしたと

きに、この設備投資のための借金が、後々ボディーブロー

のように効いてくることを承知しているからです。

現に、シャープが身売りした例は、日本中の経営者に

かなりのインパクトを与えているものと思われます。

液晶事業の失敗は、リーマンショック並びに中国・韓国勢

の台頭によるものが原因ではありますが、やはり、根底に

あるのは、度重なる液晶設備への巨額投資が最たる原因では

ないでしょうか。

企業の設備投資は、倒産原因の上位に位置します。

設備投資は、企業の成長を加速させますが、時には

致命傷となります。

目先を見るのではなく、景気や業界の動向、自社の売り上げ

予想を、希望的観測ではなく、現実的・客観的に俯瞰する必要

があります。

また、突発的なマイナス事象の発生時に、致命傷とならない

リスクマネジメントを整備しておく必要があります。

国や地方公共団体への、補助金・助成金の申請なども

その一つです。

そのためにも、設備投資は、身の丈にあった、新規借入

にとどめておく必要があります。

 

 

[ad#ads1]

<編集後記>

毎日、少しづつ走ってます。
昨日は、2キロほど走りました。

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク