スポンサーリンク




専門外の分野でも「そこそこ」を目指す<No 80>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

雑談は仕事の円滑油

仕事上、お客様とお話しする機会が多いですが、

仕事の話ばかりをしているわけではありません。

挨拶のあと、季節の話題から仕事の話に入りますが、

仕事以外の世間話、いわゆる雑談の時間もかなり多いです。

仕事と雑談の組み合わせは

  • 仕事の話しを全て終わらせてから、雑談
  • 仕事と雑談を織り交ぜる

二つのパターンがあります。

気の抜けない重たい仕事があるときは、前者で、

先に仕事を片付けます。

ルーティン業務だけであれば、後者の

仕事と雑談を織り交ぜるかたちを取ります。

どんな仕事でもそうですが、仕事の話オンリーだと、

お客様からすると、自分という人間ではなく、

仕事からもたらされる成果物を求めて会っている

のだと感じてしまいます。

自分自身が、お客様の立場になったときを考えれば

そう思います。

雑談によって、仕事オンリーではなく、お客様の

キャラクターそのものに興味があるということを

意思表示することができます。

雑談は仕事の円滑油になります。

 

雑談の割合

雑談の割合は、通常5割。

多いときだと、8割雑談です。

8割雑談は、先に仕事の話しをしっかり終わらせて、

その後の雑談が予定外に盛り上がって、

トータル8割になるケースです。

メインはあくまでも仕事です。

 

雑談は専門外の「引き出し」を試されている

仕事上、お客様に提供できる自社のサービスは限られます。

限られたサービスの提供をし尽くした後、残るものは、

提供している「素の自分」というキャラクターのみです。

この「素の自分」を相手に伝える手段が、雑談です。

雑談は、仕事以外の話であれば何でもいいわけではありません。

  • 相手の興味がある話題
  • 自分が得意な話題
  • 相手に貢献できる話題

雑談力は、本業だけをやっていては磨かれません。

常に新しい話題のインプットが必要になります。

  • 人と出会う
  • 読書
  • 新聞
  • 雑誌
  • ネット上
  • セミナー

日ごろから、アンテナの感度よくしておかないといけません。

専門外の分野でも「そこそこ」を目指しましょう。

 

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク