スポンサーリンク




家族でビジョンを共有する。望む方向へ導く練習<No 1245>

)縄跳びする娘

目指すゴールが互いに見える

仕事上、お客様とビジョンを共有することがあります。

  • 規模を増やしたい
  • 規模よりも効率を重視する
  • 仕事よりも生き方が大事

ビジョンは、業種、人柄によって千差万別です。

ビジョンを共有していると、互いの言葉に齟齬が生じません。

目指すゴールが互いに見えているので、やり取りはスムーズになり、笑顔も増えます。

ビジョンを共有する効果を感じたので、家族にも聞いてみました。

家族でビジョンを共有する。望む方向へ導く練習

小3の娘にビジョンと言ったところで通じません。

やりたいことを聞いてみると、

  • ダンス
  • パティシエ
  • 絵を描くこと

このあたりは普段からなんとなく聞いています。

では、「お稽古として習ってみる?」と聞いたところ、それは必要ないと。

趣味の範囲で満足しているようです。

現状、公文で国語と算数をやっています。

これに、小3から進研ゼミのチャレンジ(タブレット学習)を始めたのでお腹いっぱいのようでした。

このあと、将来のこと以外で、前のめりになって、今の希望を話してくれました。

  • 縄跳びができる庭が欲しい
  • 机が置ける自分の部屋が欲しい
  • ソファーが欲しい(以前はあったが廃棄した)

とのこと。

どれも、ビジョンというよりは、欲しいものです。

昭和の頃、あばら家同然の平屋に住んでいた私からすれば、今の家は夢のような住まいです。

ただ、モノ心ついた頃から住んでいる娘にとっては当たり前の世界。

上を挙げればキリがないと伝えてあげることも教育ですが、娘の気持ちを一刀両断してしまうのもどうかなと。

むしろ、場所にとらわれない生き方は、私の価値観とリンクします。

次に、妻に聞いてみると、「ベランダにネギを植えたい」と。

確かにうちの家にベランダはありますが、猫の額ほど。

洗濯物を干すと、ネギは植えられません。

高尚なビジョンかどうかは別にして、家族の希望を知っていれば、ただ漠然と生きるのではなく、
軌道修正しながら家族が望む方向へ導きやすくなります。

検討

今の家の間取りは2LDK。

リビングとキッチン以外の独立した部屋は、寝室と私の仕事部屋です。

娘の部屋をつくるとなると、3DKか3LDKに移るか、事務所を外に借りてひと部屋空けるか。

事務所を借りる経験をしてみたいのもありますが、今は時期ではないかなと。

自宅近辺で探すとなると、一戸建ての賃貸物件はほとんどなく、ほぼマンションです。

一戸建てとなると郊外になりますが、校区外は転校があるのでNGとのこと。

そうなると、校区内の引っ越しに限られます。

受験(中学か高校)の前あたりで、校区内で引っ越し。

その後、娘の学習環境が許せば、郊外へ。

まあ、両親が健在なうちは、ここにいるつもりですが。

まとめ

自分のビジョンや、お客様のビジョンを確かにすることはありますが、家族のビジョンを言葉にすることはそれほどありません。

今回、ビジョンと言えるほどのゴールが見えたわけではありませんが、それでも在り方や方向性が見えただけでも良かったのかなと。

<編集後記>
5月27日木曜日
6時00分起床後ルーティン
午前中、パソコン2台の廃棄手続き、iMac購入の検討
午後、昼寝をしてからブログ更新

服用している薬の副作用で、ふらつき・眠気がキツく。
(主の痛みは、薬が効いたようでなくなりました。とはいえ、慢性疾患と言われたので長引きそうです。)

20分の昼寝が60分に延長。今日はなかなか起きられませんでした(朝も)。

ふらつきは、自宅仕事だと許容範囲ですが、週末のヒルクライムだと危険です。

病院に行って、別の薬を処方してもらいました。

スポンサーリンク