スポンサーリンク




なんでも実行するほうが後悔は少ない。行動力の上げかた<No 1247>

)壁をくぐり抜ける「行動力」

最初の一歩がなければ始まらない

40代になったら自分の年齢にがっくりすることを恐れ、30代の後半から40代を意識していました。

今、48。

次は50代への挑戦です。

先のことを考えながらも、たまに振り返ることがあります。

これまでの人生で起点となったのは、

  1. 新卒入社から1年1ヶ月で辞めたこと
  2. 26で税理士業界へに入ったこと
  3. 43で独立したこと

でした。

夜の営業から今の業界へは直線的につながったわけではなく、学生時代の簿記3級取得が経理職を想像させ職を探した結果、この業界に行き着きました。

簿記をやっていなければ、転職時には経験のある営業職優先で探したでしょう。

そのまま営業職を続けていたら、税理士になるきっかけはなかったかもしれません。

何かしらちょっとした、ほんのちょっとのことが、のちの人生に大きく影響します。

当時、25年前は今のようにネットは普及していません。

ネットがあるなら、欲しい情報は芋づる式に手に入れられるでしょうが、当時は、偶然の連続でした。

その偶然の連続も、最初の一歩がなければ始まりません。

なんでも実行するほうが後悔は少ない。行動力の上げかた

やりたいことは、やった人に聞いてみる

自分を変えよう、なにか新しいことを始めようとして、周囲の人に相談すると大抵は反対されるものです。

「自分は知らないけど、いいね。やってみたら」なんてやさしい言葉をかけてくれることは稀です。

前向きな言葉を送ってくれる人が身近にいるのなら、大切にすべき人でしょう。

大事なのは、自分がやりたいことをやっている人、もしくはやった人は自分で探しにいかないと見つからないということです。

転職、税理士試験、独立といった大きな転機において、身近な人に相談したことはありません。

身近な人は、その道を経験していないので。

その道の経験者に聞きに行きます。

できない理由を探す前に、やってみる

やりたいことがやれずにモヤモヤしている人の多くは、やる前から「できない理由」を探しています。

ときに、饒舌に語るその姿は、残念がっているというよりも、できない自分を肯定しているようにも。

人のことはさておき、自分がそうならないようにするためには、「できない理由を探す前に、やってみる」癖をつけます。

とりあえず、知識や技術がない状態で一歩踏み出してみるのです。

一歩踏み出して失敗することもありますが、たいがい大きなキズにはなりません。

むしろ、その一歩をきっかけにして、視野がどんどん広がっていきます。

自分にとって、独立、トライアスロンがそうでした。

環境づくりは自分でやる

環境自体を変えてしまうことも大事です。

職場、友人、家族といった環境は、一見変えられないように思えますが、そうでもありません。

職場は転職すればいいでしょう。

人生100年時代、終身雇用も年功序列も退職金もなくなった今、一つの場所にとどまるメリットは減っています。

むしろ、今の職場を踏み台にしてステップアップしていくことで環境は変えられます。

若い頃の友人は、一生の友のように思えますが、就職を機に人はいい意味でも悪い意味でも変わります。

そうすると、自分の置かれた環境に応じて付き合う人が変わっていくのは必然でしょう。

そして家族。

最後の砦のごとく、いつまでも自分の味方であってくれればいいのですが、そうはいかないこともあるでしょう。

自分が変わるように家族も変わります。

持って生まれたもの、付き合う人で。

家族であるが故に、言葉に遠慮がなかったりすることもあるでしょう。

もちろん、いつまでも、仲良くできればいいですが、付かず離れずくらいの方がうまくいくこともあります。

行動力とは?

行動力のある人は、最初の一歩の回数が際立って多いものです。

ミスをしても気にしない強さ、別の方法への切り替えの早さなど。

そう考えると自分はまだまだだなと。

<編集後記>
5月31日月曜日
5時25分起床後ルーティン
午前中、請求書作成送付、たばこ税申告、HP改善
午後からブログ更新、ジムでガチゆる走5キロ

ガチゆるそうは、

  1. 平均より1分早いペースで1キロ
  2. 1分休憩
  3. 平均より1分早いペースで1キロ
  4. 残りを平均より1分遅いペースで

高負荷をかける走法です。

私の平均ペースは距離によってまちまちですが、今回は5:30/キロに設定。

これより1分早いペースは4:30/キロ。

1分遅いペースは6:30/キロですが、遅すぎたので6:00/キロで走りきりました。

4:30/キロで走ったあとの6:00/キロは普段より楽に感じたので、負荷をかけた効果があったようです。

長距離のゆっくりペースに慣れてしまって、ダッシュや短距離の速いペースで走れなくなっていました。

その予防になるのでオススメです。

スポンサーリンク