スポンサーリンク




明日死んでも悔いのない日々を送れているか?<No 1526>

)一見、開かなそうな扉

今日かも明日かも、50年後かも

先日、妻方親戚のお通夜に出席しました。

お亡くなりになったのは、私と同業のかた。

私よりも年下の女性税理士です。

税理士は、資格を取るまで平均7年かかると言われています。
(このかたがどれくらいの時間をかけたのかはわかりませんが)

それなりに長い時間をかけて取ったのなら、かけた以上の期間、人生を謳歌したかったはず。

ただ、ご両親と話したところ、「(亡くなる)寸前まで楽しんでいた」とのことでした。

実際、お通夜は、「大きくしてほしくない」というご本人の意思にもかかわらず、
それなりの数の人が来られていました。

なかには、ご両親の知らない人もいらっしゃって、その方々から、知らない一面を聞いて驚き・喜んでいらっしゃいました。

とはいえ、それだけバイタリティのある人であれば、なおさら、やり残したことがあったのではないでしょうか。

自分の人生がいつ終わるのかは誰にもわかりません。

今日かも明日かもしれませんし、50年後かもしれません。

自分もそれなりの時間をかけて資格をとっただけに、その時間を取り戻す勢いで人生を楽しんでいます。

明日死んでも悔いのない日々を送れているか?

自分がやりたいことが、日々やれているか?

  • 老後になったらやろう
  • 子育てが終わったらやろう
  • 今の仕事が落ち着いたらやろう

と思っていたら、あっという間に歳をとります。

自分のプロフィール欄を見ると、43歳で独立と書いています。

今、49歳なので6年経っているのですが、「もう6年」なのか「まだ6年」かで言えば、残念ながらもう6年と言わざるを得ません。

というのも、自分のなかで「もうちょっとやれたであろう」と思うところがあるからです。

とはいえ、これまでトライしてきたことを挙げてみると、良くやったと言えないこともないかなと。

  • 独立
  • 平日毎日ブログ更新 1526日
  • セミナー自主開催 30回
  • ハーフマラソン完走
  • 30kmマラソン完走
  • フルマラソン完走
  • デュアスロン完走
  • トライアスロン完走(swim1.5km bike40km run10km)
  • You Tube更新
  • 動画販売
  • 出版(共著)

税理士業であれば、息を吸って吐くかのごとく、仕事をこなすことはできますが。

上に挙げたことは、瞬間的にはできても、続けることは容易ではありません。
(それだけに続いていないことが一つあります)

年を取ればそれだけやれることの選択肢は狭まっていきます。

頭の回転は鈍くなりますし、体の動きも衰えます。

であれば、頭もカラダも元気なうちに、やりたいことはやっておくに限ります。

6年と聞いて、「まだまだやれていない」という気持ちと、これまでを振り返り、「よくやっている」とも思える自分。

傲慢になることはありませんし、謙虚になりすぎることもありません。

2つのさじ加減が、いい塩梅なのでしょう。

欲を言えば、「やってみたいけど、怖いな」と思うことがいくつかあります。

やれないことはないけれど、やることによって、今の生活に狂いが生じる可能性があるかなと。

2つ共にアウトプットで、うち一つは習慣でやることです。

仮に、これらをやらずに死んだら後悔するか?

正直、そこまで後悔するとも思えないところが、未だにスタートしていない理由でしょうね。

これらをスタートすることによるメリットとデメリットを天秤にかけているところもあります。

そういう意味でいうと、現在進行形でやっていることは、どれもメリットがデメリットを上回ると感じています。

業界の繁忙期と言われる2、3月に

  • デュアスロン
  • 30kmマラソン
  • フルマラソン

に出場できたのは独立していたからにほかなりません。

勤務であれば、練習時間を捻出するのは難しいでしょうから。

トライアスロンをはじめるにあたってバイクを買ったのは2020年の1月。

それから、完走するまで2年と6ヶ月かかっています。

税理士試験にかけた期間には及びませんが、それなりに長い時間をかけてのゴールは格別です。

死ぬときに後悔する10のこと

このリスト、毎朝必ず眺めています。

  1. 本当にやりたいことをやらなかったこと
  2. 健康を大切にしなかったこと
  3. 仕事ばかりしていたこと
  4. 会いたい人に会いに行かなかったこと
  5. 学ぶべきことを学ばなかったこと
  6. 人を許さなかったこと
  7. 人の意見に耳を貸さなかったこと
  8. 感謝の言葉を人に伝えられなかったこと
  9. 死の準備をしておかなかったこと
  10. 生きた証を残さなかったこと

何か思い当たるようなことがあれば、それを攻略していきます。

そうして、1つ1つ改善していくことが、死ぬときに後悔しない秘訣なのではないでしょうか。

死ぬときに後悔する10のこと。やりたいことをやらなかった<No 1468>

死ぬときに後悔する10のこと。健康を大切にしなかった<No 1469>

死ぬときに後悔する10のこと。仕事ばかりしていたこと<No 1470>

死ぬときに後悔する10のこと。会いたい人に会いに行かなかったこと<No 1471>

死ぬときに後悔する10のこと。学ぶべきことを学ばなかったこと<No 1472

死ぬときに後悔する10のこと。人を許さなかったこと<No 1473>

死ぬときに後悔する10のこと。人の意見に耳を貸さなかったこと<No 1474>

死ぬときに後悔する10のこと。感謝の言葉を人に伝えられなかったこと<No 1475>

死ぬときに後悔する10のこと。死の準備をしておかなかったこと<No 1476>

死ぬときに後悔する10のこと。生きた証を残さなかったこと<No 1477>

<編集後記>
7月20日水曜日
4時45分起床後ルーティン
午前中にブログ更新。
午後、お客さま先で決算前ミーティング、プールでスイム1500m、You Tubeアップ。

スポンサーリンク