「BOSE wave sound touch × Amazon music」で、音楽の幅が広がる<No 560>

Pocket

No MUSIC No LIFE

常に音楽のある生活をしています。

朝起きたら仕事場で最初にするのは、
Macの電源を入れるより先に、
BOSE Wave music system IIIの電源を入れて
音楽アプリBOSE wave sound touchを起動します。

 

)BOSE Wave music system III 

 

 

 

そして、移動時にはスマートフォンやウォークマンに保存した音楽を
Bose QuietComfort 20を使って聞いています。

)Bose QuietComfort 20

 

夜は夜で音楽を聴きながら読書をしているので、
何かしらの音楽を常に聞いています。

聞いている音楽はというと、これまでは

  • BOSE wave sound touchならインターネットラジオ
  • スマホやウォークマンなら保存した曲

とバラツキがありました。

これを解消してくれたのが、Amazon musicです。

 

 

BOSE wave sound touch × Amazon music

これまでBOSE wave sound touchで利用していたのは、
インターネットラジオです。

BOSEの専用アプリをインストールすると世界中のFMを
聴くことができました。

そして、今回このアプリがAmazon musicに対応するようになったのです。

Amazon music以外にもSpotifyやDeezerにも対応しています・

)スマートフォンのスクリーンショット

 

BOSEのアプリをスマートフォンにインストールするとリモコン代わりになります。

また、Amazon musicはプライム会員なら100万曲以上が聴き放題です。

 

プレイリストがあるのは嬉しいです。

その時の気分に合わせた音楽を選べます。

これまではPCからしか聴けなかったので、
音質はそれほど良くありませんでした。

今回、BOSE Wave music system IIの重低音サウンドでも聴けるようになったので、
音質は格段に向上しました。

また、スマートフォンにAmazon musicアプリをインストールすれば、
移動中も同じくプレイリストを聴くことができます。

イヤフォンをBose QuietComfort 20にすればこちらも重低音サウンドです。

さらに曲の制限なく聴きたければ、
Amazon music Unlimitedなら月額980円(プライム会員なら780円)で
4000万曲以上利用できます。
(これは必要ないかなと)

 

 

スポンサーリンク

購入後のバージョンアップがあるかどうか

BOSE Wave music system Ⅲの購入当初は、

  • 連携できるサービスが乏しい
  • Wi-Fi接続が不安定
  • 繋がらないからUSBで接続

といった具合であまりイケてませんでした。

ところが辛抱強く使い続けると
常にバージョンアップを自動で繰り返すことで、
連携サービスが増え、Wi-Fiが途切れることもなくなりました。

この辺りの対応が出来ているか。

自身のサービスにも問わなければなりません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
2時00分起床後ルーティン
4時31分から6時30分まで仮眠
午前中、自分の月次決算、メルカリで本の購入、セミナーの研究、ブログ執筆
午後から、散髪


今日は午後からPL花火観賞のため妻の実家へ(泊まり)。

5日ぶりに娘(5歳)と顔合わせです。

買ってもらった服やおもちゃが毎日写メで送られてきます^^;