スポンサーリンク




196日で113冊。読書は「緩急」でインプットをする<No 118>

多読を始めて6カ月経過。本の読み方も進化させる。

近ごろ、読書の話しになると、「速読ですか?」とよく言われますが速読はしていません。

 

単に「記憶力が悪いから」という理由もありますが、「読書メモ」をつけているからです。

読書メモをつける理由は、先ほどの「記憶力が悪いから」でもあります。

私は、本を読んだ直後は内容をしっかり覚えていても、時間が経つと全体的に「何となく」のレベルでしか記憶に残っていません。

もちろん、この「何となく、こんなことが書いてあった」事実そのものは覚えています。

本を読む理由は、仕事や生き方をより良いものにするためであり、インプットしたことをアウトプットする必要があります。

本を読んだ直後にアウトプットする機会があればいいのですが、そうそうありません。

数日後、数か月後、数年後に利用できるのかもしれません。

そのときに、本を読んで自分が良いと思ったフレーズに、確実にたどり着くことができるように「読書メモ」をつけています。

自分にとって効果的な読書を見つける

速読をしないと言いながらも、多読をする過程で、「速読」の技術を身につけました。

いわゆる、斜め読みというやつです。

多読を始めて数カ月すると、ある日突然斜めに読んでいました。

言葉で言うと、理解できる範囲で「一面を目に焼き付ける」といった感じです。

速読をしない私が、この斜め読みをしているときは、「その文章を読む価値がない」と判断したときです。

本を読んでいると、話の流れで、「著者にとって心地の良いエピソード」が多くあります。

本によっては、そういった文章には「前ふり」があるので、行きつく到達点もある程度想定できます。

このときに、私は速読を利用しています。

しかし、自分に必要なことが書いてあるところは、しっかり心の中で声を出して読んでいます。

そして、いいフレーズがあればメモをとります。

これまで読んだビジネス書や読書本では、ほぼ100%の確率で、読む価値がないと判断した本なら、たとえ途中でも読まずに捨てるとのことでした。

この点については、本を書けるような方はそもそも時間意識が非常に高く、時間あたりの自分の価値をしっかり算定しているはずです。

そして、やるべき仕事、やるべきプライベートをしっかり持っているので、「本<時間」と判断すれば、読むことをやめて、他の、より効果的なことにその時間を使います。

私はまだそのレベルにまで到達していません。

「本に書いてあったことだけど」と言っているうちは自分の言葉じゃない

これまでに読んだ本の中で、気付きや「いいなあ」と思ったフレーズは身近な人に伝えてきました。

その前ふりが、「〇〇という本に書いてあったことだけど」でした。

これを話しているうちは、いいことを言っているのだけど、その著者を超えられていない感じがします。

しかし、時間が経つと、自然と自分の言葉になっていきます。

そのときは、本に書いてあったという意識はありません。

あくまでも、「自分の言葉」なのです。

そうやって、見識が増えていったときに、読書の価値が出てくるのでしょう。

スポンサーリンク