スポンサーリンク




個別コンサルをするなら、内容プラス「見せ方」を工夫する<No 1293>

)MacBook Air

トライ・アンド・エラーの繰り返し

個別相談や個別コンサルティングなど、単発のご依頼をいただいたとき、その見せ方は工夫しています。

独立するまで単発の相談業務はやったことがなかったので、最初はおっかなびっくりでした。

何から手を付けていいのかもわからず、本を読むなりブログを読むなりして先人の知恵を拝借しました。

ある程度、情報が集まったらとりあえず「できる体(てい)で」サービスを立ち上げてみます。

やって失敗したら、そこを修正して次へ望めばいいだけです。

人生、トライアンドエラーの繰り返しです。

個別コンサルをするなら、内容プラス「見せ方」を工夫する

内容ができているのが大前提ですが、見せ方が悪いとうまく伝わりません。

せっかく準備した内容が、お客さまに伝わらないのは本当にもったいないです。

見せ方へのこだわりは必要です。

Excel

数字の話をするとなると、手持ちの会計ソフトを使いがちです。

私も独立してExcelを学ぶまではそうでした。

Excelを学んだと言っても、VBAや難しいことはやってません。

大事にしているのは、「お客さまが欲しいデータを再現する」こと。

そうした場合、会計ソフトだと使いづらく。

成果物が会計ソフトに合わせたものになってしまうからです。

過去3年と未来3年の数字を1枚のシートで見せることは、会計ソフトよりExcelの方が向いています。

こうしたお客さまのご希望に、Excelなら応えることができます。

法人成りするならExcelで数字を並べてみる。法人成りのタイミング<No 1286>

PowerPoint

セミナーで使うことが多いPowerPoint。

私は個別コンサルでも利用しています。

口頭だと、話す側は大事なポイントを抑えながら話せますが、聞く側はそうとも限りません。

「強調したいこと」「忘れて欲しくないこと」を伝えるにはPowerPointの方が伝わります。

長い文章をつらつらと書くのではなく、

  • 写真
  • グラフ
  • 箇条書き

を使ってビジュアルで認識できるようにしています。

1枚のシートにタイトル1つと箇条書きは3つまでと決めています。

内容はほぼ頭に入っている状態で臨み、タイトルを見て話せるくらいにしておきたいところです。

終始、お客さまの顔を見ながら話し、話し終わったあとにスライドを見て、そこに書いてある情報をすべて伝えていればOKです。

スライドの文章を自分で読むのはNGですし、お客さまに読んでもらうのもNGです。

スライドはあくまでも導火線、話すきっかけに過ぎません。

紙を事前に配るのも同じくNGです。

資料を渡すのは個別コンサル終了後で構いません。

そうすると、こちらが話すことに注目してくれます。

Mac

Excel・PowerPointのように実際に見てもらう対象ではありませんが、セミナー同様、Macは個別コンサルでも威力を発揮してくれます。

Windowsだけを使っていると、Windowsにないモノに気がつくことはありません。

Windowsが劣っているわけではありませんが、プレゼンだとMacに一日の長があると私は感じています。

プレゼンでMacが優れているのは、マウスがないところ。

マウスがないので、マウスを探す時間が省略できます。

マウスがない代わりに、Macにはトラックパッドが付いています。

)手間の四角い部分がトラックパッド

カフェの狭いテーブルだと、パソコン1台置いただけで、結構な場所をとります。

さらにマウスとなると、余計に狭く。

マウスを触ろうとしてドリンクひっくり返すリスクもありますし。

<編集後記>
8月5日木曜日
6時20分起床後ルーティン
午前中、娘と実家へ。月次支援金申請、個別コンサル準備。
午後からブログ更新。

スポンサーリンク