スポンサーリンク




コロナ以降で変えたこと、変えなかったこと。コロナゆえのチャレンジ<No 1113>

)Oakley グランフロント大阪店

 

世間がコロナに慣れつつある今

いつからコロナを意識し始めたと考えたら、2020年の1月にはすでにマスクをして外出していました。

この頃から外出を控えるようになりました。

休業要請が解かれた後、コロナの患者数は依然として増えていますが、今は世間がコロナに慣れ共存しつつあります。

私自身、仕事を含め生活全体でコロナ以降で変えたこと、変えなかったことがあります。

今一度、整理してみます。

<セミナー情報>

コロナ以降で変えたこと、変えなかったこと

変えたこと

コロナの影響で変えたことは、数としては少ないです。

  • ミーティングを対面から非対面に
  • 動画と音声販売を始めた
  • セミナーをZoomオンリーに

世間の動きと同じように、「対面で会って話す」から「オンラインで非対面」に変えました。

とはいえ、すべての対面をなくしたのではなく、非対面に変わったのは7割強です。

残りの2割はコロナ前と同様に訪問して対面です。

税務とCFコーチング、自分のサービスはすべてオンラインで提供できるよう準備しています。

その上で、お客様に選んでいただくというスタンスです。

お客様によっては高齢でオンライン対応が難しいケースもあるので。

オンラインを利用すれば訪問にかかる時間をカットできるので、その時間をサービス提供に充てることができます。

自主開催セミナーも、対面から非対面に変えました。

コロナ以前は、会議室を借りて行う対面とZoomの非対面を併用していましたが、今は非対面の一択です。

対面から非対面へシフトしていくなか、新たに始めたのが動画・音声の販売です。

コロナ以前も、通常セミナーの音声を録音し販売していましたが、今回は販売用のためだけに収録しました。

コロナ故に生まれたサービスとも言えるでしょう。

変えなかったこと

私の場合、コロナ以前と変わらないことの方が数多くあります。

  • 電話を使わない
  • FAXを使わない
  • メールとチャット・ショートメールで連絡
  • 無料相談をやらない
  • ブログを書く
  • 早起き
  • 午前中で仕事を終わらせる 
  • 体操・ストレッチ
  • トライアスロンの練習(スイム・バイク・ラン)
  • ルーティン

時間の使い方は、コロナ前と何も変わっていません。

4時半前後に起床し、ルーティンをこなし、昼までに仕事と未来の種まきを終える。

午後からはブログをこなし、前後でトライアスロンの練習をします。

夕食、風呂、読書をして21時半に就寝です。

電話やFAXはほとんど使わないので連絡手段はメールやチャット・ショートメールで完結します。

上で挙げたことは、

  • ひとりで完結できること
  • 非対面でできること

なのでコロナの影響はありません。

こうしたことを2016年の独立スタート時から始めていたのは正解でした。

独立当時、「事務所がない」「電話対応しない」ことについて驚かれたり、怪訝な表情をされることがありました。

自分は変わっていませんが、時代が自分に寄ってきてくれたように感じます。

コロナで辛いと感じたことは一度もありません。

むしろ、挑戦する意識を持たせてくれたと感じています。

<サービスメニュー>

<編集後記>
昨日の水曜日
5時00分起床後ルーティン
午前中、持続化給付金について調べ物、ランニングでヘアサロンまで往復12キロ
午後からブログ執筆、読み忘れていた有料メルマガをまとめ読み

スポンサーリンク