スポンサーリンク




「無料相談」をしない理由は「フィルタリング」をかけるため<No 522>

)娘5歳が描いた「新進気鋭」のロボット

 

 

対価をいただかない人は「お客様」?

雇われ時代、確定申告の時期になると
変な問い合わせがよくかかってました。

名前も名乗らず、
「家を改築してね、それで・・」
とそれらしく話すので、お客様かと思ってボスに取り継ぐと
まったく関係のない人でした。

税務署に問い合わせると、直通でないので待つのが面倒なのでしょう。

そうは言っても、税務署は税金で成り立っていますが、
事務所はそうではありません。

お客様から対価をいただくことで、
サービスの提供ができるのであって、
対価をいただいてない人に無条件でお応えすることは、
対価をいただいているお客様に対して失礼な話です。

 

 

対価をいただくことは「フィルタリング」になる

時は経過し、自分が独立してからは電話を公(おおやけ)にはしていません。

なので、先ほどのような「お客様でないお客様」から
電話がかかってくることは全くありません。

よく見かける「初回無料相談」を掲げれば、
問い合わせもそれなりに増えるのでしょうが、
そこに対応している合間の時間が取られてしまいます。

人を雇っていれば、
そこに対しての痛みを感じることはないのでしょうが、
「ひとり」なので全部自分で痛みを感じることになります。

独立当初に、とあるLINEグループで、
「ちょっと聞きたいねんけど」的な問い合わせがありました。

一度そこで軽く対応してしまうと後が大変だと思ったので、
それとなく断りました。

すると逆ギレされてそのグループは凍結してしまいました。

相手のレベルに合わせてしまった私が大人げなかったと
今は反省しています。

ただ、お客様でなければ対応しないかというとそうではなく、
自分の中でも基準を設けています。

  • それまでに円滑なコミュニケーションがあったかどうか
  • 聞き方にリスペクトはあるか

この二点です。

LINEで聞いてきた方にはこの両方が欠けていました。

以降、この手の苦い経験は一度もしていません。

無料相談を設けてませんし、付き合う人も変わったからです。

対価をいただくことで「フィルタリング」になっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

<編集後記>
3時38分起床後ルーティン
午前中、申告作業、スポーツ整体へ
午後から、Win automationでExcel給料をJDL年調へ、ブログ執筆

 


 

ロボット作業を3時間試みるも最終局面で玉砕。
ブログ記事にできず💦