スポンサーリンク




自由時間は多すぎないほうが幸せ。余白はやりたいことで埋める<No 1450>

)フルマラソンの完走証

時間を失うのはスケジュールを組んでいないとき

普段からスケジュール通りに動いています。

平日は当然として、土日祝もスケジュールを組み、そのとおりに動いています。

たまの休日、ひとりでいると、あっという間に時間が経っていることがあります。

そんなときは総じてスケジュール通りに動いていないとき。

無駄に時間だけが過ぎているのが嫌で、週末ひとりのときでもスケジュール通りに動いています。

自由時間は多すぎないほうが幸せ。余白はやりたいことで埋める

自由な時間が多すぎるリスク

人間、自由な時間が多すぎると動けません。

夏休みの宿題が典型的な例でしょう。

時間がたくさんあると思って、すぐに取り掛かろうとせず、他のことが気になります。

  • 楽なこと
  • 受け身でやること
  • 動かずにできること

ひと昔前なら、本棚にある漫画や雑誌でした。

漫画や雑誌なら、いいとこ数10分ですが、今はパソコンやスマートフォンがあります。

ネットに繋がると無限ループのようにいつまでも楽しい話題が目に飛び込んできます。

こうなると、数10分では済みません。

これを回避する一番の防止策は、スケジュールをつくり、その通りに動くこと。

自分が小学生の頃、8月末になってバタつくことはありませんでした。

スケジュールをつくっていたからです。

細かく組んでいたわけではありませんが、毎日やることは決めていました。

終業式に学校で配られた円型のスケジュールに、

・睡眠
・朝食
・宿題
・プール
・自由
・昼食
・自由
・夕食
・入浴
・睡眠

と書き込んでいたのを覚えています。

宿題は、「ドリル何ページ」といった感じで決めていました。

そのとおりに進めていけば、8月上旬には完成します。

夏休みの宿題も、税理士試験も、今現在も変わりません。

スケジュールを組まなければ、どれも期日までにはこなせませんでした。

やりたいことができたら、まずは「いつやるか」を決めること。

そして、続けていれば、いつかは終わりがきます。

休息はこまめにとる

タスクにかかる時間が長いと疲れてしまいます。

疲れたとき、頭を使わずにできるネットに手が伸びそうになりますが、そこで見てしまうと無限ループにハマります。

これを回避するには、長時間疲れるまでやらないこと。

疲れるからリラックスしたくなるわけで。

疲れなければ楽なほうに逃げることはなくなります。

20分や30分ごとにトイレに行ったり、ドリンクを補充すれば、疲れはそれほどたまりません。

大きなタスクは、より小さなタスクに細切れにすることで、ひとつのタスクにかかる時間を短くします。

暇がないとチャレンジできない

12月から3月にかけての時期は、税理士業の繁忙期。

絶えず目の前に仕事はあります。

  • 早く終わらせたい
  • お客さまに迷惑をかけたくない
  • 目の前をすっきりさせたい

と思えば思うほど、ずっと仕事になりがちです。

後で振り返ると多少のお金は貯まっているでしょうが、人生それでいいのかどうか。

2022年、このブログを書きながら、1月にデュアスロン、3月に30kmとフルマラソンを完走しました。

この期間に稼いだお金のことはすぐに忘れるでしょうが、チャレンジしたことは10年後も覚えているでしょう。

<編集後記>
3月28日月曜日
5時30分起床後ルーティン
新規コンサルティングメニューづくり。
フルマラソンの傷を癒やしに整体へ。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク