スポンサーリンク




誰かに背中をそっと押してもらう。メンターはいるか?<No 783>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)とある京都のバーガーショップにて

 

 

メンターはいるか?

IT、AI、キャッシュレス。

便利な世の中にはなりましたが、人間ひとりでは生きていけません。

物理的には可能なのでしょうが、メンタルを平穏に保つため、
人間らしく生きるためには人との関わりは必要です。

これも、単に友人・知人が多ければいいのかと言えばそうではなく、
自分の必要としている問いに対して的確な回答をしてくれる
メンター的な存在がいるかどうかが大事になってきます。

  • 勉強
  • 仕事
  • 人間関係
  • 恋愛
  • 趣味
  • 家族

メンターはそれぞれの分野で単独いたり、
複数の分野を横断している場合など様々です。

私もこれまで、成長に応じてそれぞれの年代で、
メンター的な存在に救われてきました。

なかでも、ここ20年ほどお世話になっている方には、
分野を横断して背中を押してもらっています。

お会いするのは数年に1回。

やっていることに迷いが生じたとき、
二者択一で苦しんだときなど、
人生の節目節目に助けてもらっています。

メンターと接する上で気をつけるべきは、
「丸投げしないこと」です。

メンターと言葉を交わすまでに、
自分が良かれと思ったことを、
試して、失敗して、苦しんで、また試しているかどうか。

要はPDCAサイクルをしっかり回しきったかどうか。

相談前に十分に汗をかいたかどうかは、
メンターはしっかり見ています。

今日、その方とお会いして、自分の現在地の確認と
進むべく方向性が明確になりました。

人間、他人には見えても本人には見えていないことがあります。

そういうことを気づかせてくれて、背中をそっと押してくれる方は
本当にありがたい存在です。

自分もそうありたいなと思う次第です。

 

 

<編集後記>
5時15分起床後ルーティン
午前中、とある用事で京都まで
午後から、両親と自宅でお茶会、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク