スポンサーリンク




他人の言葉は気にならない。自分の「軸」づくり<No 265>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

 

ストレスは対人関係から

2016年11月に独立してから、
はや半年が過ぎました。

人は雇わずにいるので、
いわゆる「ひとりビジネス」です。

「ひとりビジネスだからストレスとは無縁では?」

と思われがちですが、そうでもありません。

仕事でもプライベートでも、
日々、誰かしらと接していますし、

人と接すれば何かしらのストレスを
抱えることになります。

ストレスの原因、第1位は対人関係
と言われていますし。

ただ、ストレスを感じたあと

  • ストレスを少なくする仕組みを作る

ことは出来ます。

 

 

ストレスを感じない仕組みをつくる

ストレスの原因が対人関係であれば、

  • 原因となる人と会わない
  • 会う機会を減らす

ことでストレスを減らすことは出来ます。

しかし、隠居生活でもしない限り、
誰とも会わないことなんて出来ませんし、
そもそも、根本的な解決には至りません。

他人から何を言われても動じない強い意志
を持つ。

つまり、自分の軸を作ります。

 

自分の「軸」をつくる

対人関係において、自分のなかで
決まりを作っておきます。

  • 他人が入っても許せる範囲を広くする
  • 許せない範囲の基準は明確にしておく

基準を明確にしておけば、
その基準の外であれば、
多少、何を言われても
気にすることはありません。

肝心なことは、基準のなかに
入ってきたらどう対処するか?

私は、

  1. これからもお付き合いしたい人には、その場で指摘する
  2. これからがない人には何も言わない
  3. これからがないけれども、会う必要がある人には、その場で指摘する

1で指摘するのもそれなりに大変ですが、
自分の侵されたくないところを深くえぐる
行為を放置しておいてはいけません。

相手が自分とこれまで通りお付き合いしたい
のであれば聞く耳を持ってくれるでしょう。

持ってくれなければ、それまでのお付き合い
と思うしかありません。

2は簡単です。もう会わないと思えば良いだけです。

3は最も困難です。

普通なら何も言わずに我慢するのでしょう。
しかし、その後も会う必要があるからこそ
話します。

ただ、仕事上雇われているのであれば、
「他人が入っても許せる範囲」をより広くする
ことが現実的でしょう。

まあ、私はこれができないから独立したのですが…

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時54分起床後、ルーティン
日中勤務
帰宅後、夕食、ブログ、入浴、ブログ

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク