痛みを回避するには「税」の知識より「医療」の知識。40超えたら知っておく<No 549>

Pocket

三連休は不安なスタート

13日の金曜日、早朝にあった残尿感は当日のうちに消えていました。

しかし、14日土曜日の早朝に再発。

そして、尿も出ません。

これはおかしいと思い
あさイチ、近所の泌尿器科に行くと
すでに3名待ちでした。

「すぐに呼ばれるだろう」と思っていたら、
なかなか呼ばれません。

15分が経過。

私の後からさらに2名の患者さんが来られるも
トップの方は出てきません。

どうやらお年寄りの世間話に先生がお付き合いしている模様。

こちらはそれどころじゃありませんが、
仕方ないので持参した本を読みます。

1時間ほど経過してようやく呼ばれました。

 

 

泌尿器科とはそういうところ

そこの診療所はどこにでもある町医者です。

最新医療機器は何もありません。

事前に尿は採っていたので、
軽く問診して薬を処方してくれるだろう。

そんな私の思いとは裏腹に触診が始まりました。

医師「あなたも嫌だろうけど、私もしたくないんだけどね。
でもやらないとわからないからね」

「前」はあるだろうと予想していましたが、
「後ろ」は想定外でした。

このブログは自分の父親も読んでいるので、
詳細は書けませんが。

この方達にとったら最強のネタだったろうに^^;

emLog

100メガ

 

尿に異常には見当たらず、膀胱炎ではない。

診察の結果は「前立腺炎」でした。
(この時は・・)

 

スポンサーリンク

40オーバーに送る言葉

触診時に医師は私に、
「腰や腹の痛みはないか」と確認しました。

残尿感以外の痛みらしきものはなかったので、
私は「ない」と伝えました。

この時、私は失敗を犯していました。

  • その痛みが出たらどうなるのか聞いておくべきだった
  • 痛み止めを念のためもらっておくべきだった

そして、最大の過ちは最新医療機器を備える総合病院に
この後行くべきだったこと。

原始的ながらも可能な方法で診療してくれたこの医師に
罪はありません。

私にもう少しばかりの医療の知識があれば。

そして、病院勤務歴のある妻がこの週末、
家を留守にしなければ。

あの悪夢は起こらなかったのに・・

 

 

スポンサーリンク