スポンサーリンク




税理士受験者数の減少。増やしたいなら相手に伝わる発信をする<No 318>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

 

マジョリティーに魅力がないならマイノリティーに焦点を

本日、8月8日は2017年度税理士試験の初日です。

昨今、受験者数が減少するなかで、
本日受験するに至った方は、
税理士としての資格にまだ少なからず
魅力を持ってくれているのでしょう。

受験者数減少の対策として、
日税連(日本税理士会連合会)は、
先月、中高生に対する租税教育や
大学を通じた講座のなかで、
魅力ある点を掘り起こしていくと
しましたが、どれほどの効果があるのか。

「魅力ある点を掘り起こしていく」
というワードチョイスもさることながら、
租税教育や講座を通じてというところも、
60代の発信者側の都合を思わせます。

本当に若者に伝えたいのならば、
受け手側の感性に響くものを、

  • CMでなく動画
  • YouTubeで発信
  • SNSで拡散

などの方がより伝わるでしょう。

内容も、

  • ハワイからe-Tax送信
  • トライアスロン中のバイク上から税務相談
  • 避暑中の軽井沢から調査の立ち会い

など斬新な方がインパクトはあります。

国も、
「働き方改革」
「ライフ・ワーク・バランス」
「テレワーク」

などと言っていますし。

マジョリティーではないにしろ、
新しい時代を開拓しつつある
一歩先の希望を伝えるべきです。

 

このブログもそのひとつです(^^)/

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
5時30分起床後ルーティン
午後から、法人決算打ち合わせ、税理士会支部へ

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク