スポンサーリンク




相談は「無料」か「有料」か?自分が無料で全力投球できるか考える<No 967>

有料でみてもらいました。

手相 赤レンガ倉庫にて

)赤レンガにて

無料に「全力」で対応できるか?

欲しい情報を得たくて人の話を聞くときは、有料のサービスを選ぶようにしています

無料を選ばないのは、本当にその人の話が聞きたいのであれば、その人が提供できる最高品質のサービスを受けたいからです。

参加する側として有料のものを選ぶので、自身も有料のサービスしか設けていません。

こういった考え方は、独立前には備わっておらず、自分がサービスを提供する側になってから考えるようになりました。

相談するなら「無料」か「有料」か?

独立してから参加したセミナーや個別相談は概ね有料でした。

  • ブログセミナー 
  • 相続セミナー
  • CFセミナー
  • CF個別相談

一番安いものでも1万円はしています。

これらのうち、「掛け捨て」になったものはひとつもありません。

全て直接的・間接的に売上として後日回収することができています。

逆に、数少ないながらも参加した無料のものを考えてみると、知識の一つにはなっても、そのあと売上に繋がっていません。

無料だと得した気分になりがちですが、実際にはその場で自分の時間を費やしています。

本来であれば、仕事・睡眠・遊びに当てられたはずの時間を使っているので、失ったものはゼロではありません。

また、無料であるが故に、そこで得たノウハウを次に活かすそうという気持ちが有料に比べて小さくなります。

安売りに並ぶのは得なのか?

近所のスーパーにお弁当やさんが入っているのですが、お客さんが並んでいるのを、これまで見たことがありませんでした。

ところが、夕方暗くなる時間にそばを通ったところ、行例で店の中が見えない状態になっていました。

閉店間際でお弁当が半額になっていたからです。

自分がこの列に並ぶかといえば並びません。

というのも、そこに並ぶことによって自分の時間を切り売りしていると考えるからです。

自分の時間あたりの単価を3万円とすると、5分並べば2,500円かかることになります。

単価が1万円であれば833円です。

提供している個別相談が60分9,900円なので、自分もこれくらいと考えます。

半額によって安くなるお弁当の価格と833円。

並ぶ行為は、自分自身の働きぶりを安く見積もっているからであり、正当に評価していれば時間を切り売りすることはなくなります。

ブログ

ブログも一見、無料のようですが、ブログは無料で提供しながらも、生きるための鍛錬になっています。

  • ネタを考える
  • 文章を書く
  • 生き方を修正する

これが、参加するセミナーと同じように、お金というリターンだけでやっていたら、続いていなかったでしょう。

ただ、ブログに書いていることがすべて無料というわけではなく、カタチを変えてセミナーで話せば有料になり得ます。

もちろん、カタチを変えずにそのまましゃべると、ブログを読んでセミナーに参加された方の満足感を得ることは出来ません。

有料にするには、ブログに書いたことを土台としながらも、そこにプラスαのネタを上積みする。

上積みはノウハウそのものだけでなく、ブログでは書けない体験ネタも。

体験ネタは、セミナーとの相性が良く、参加される方の表情を穏やかにしてくれます。

税務相談

巷では無料相談がたくさんあります。

そこで得をした気分になってしまいそうですが、落とし穴もあります。

有料相談と無料相談を同時に提供している場合、どちらも同じ質とは当然なりません。

提供する側は、質に差をつけます。

逆に、差をつけないと有料でご依頼いただいている方に対して失礼にあたります。

有料相談は、時間をかけて準備をすることができますが、無料だと持ち出しになるのでできません。

巷の無料相談には、「バックエンドを売る」というミッションが控えているので、時間とお金をかけてでも準備することができるのです。
(行政や公的機関が主催するものは含みません)

なりたい自分に追いつくために

自分が飛躍するためには、ある程度の先行投資は必要です。

仕事であれ、何であれ。
(生活に支障のない範囲で)

なりたい自分に追いつくために、情報は有料で手に入れることを心がけています。 

<編集後記>
【本日のピックスリー】仕事・家族・ブログ
午前中、自身の前月分析など月初タスク、請求書作成送付
午後からブログ執筆


<たまに娘日記>
コロナの影響なのか、小学校の宿題がありません。
代わりに公文の宿題を大量にもらってきました。

「立場の変化に注意しながら、文末を変えなさい」という国語の問題では、受動と能動の使わけに、過去・現在・未来をそれぞれミックスしているので小1には難解です。

「立場」の意味もわかりませんし、文章内に出てきた野球用語もわかりません。

ヒットの説明を、「ピッチャーが・・」と言えば、「ピッチャー?」ですし・・

「野球、動画」でググったら、イチローのランニングホームランがヒット
(ややこしい)したので、これで説明しました。

)仕事部屋にて

スポンサーリンク