スポンサーリンク




Misocaで経理の効率化。「時間>お金」のひとりビジネスに効果的<No 138>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

自分が起業して、初めてわかる忙しさ

2016年11月2日付で個人事業を開始しました。

本来なら本業に没頭したいところですが、そういうわけにもいきません。

ビジネスでは、その業界ならではの慣習にならう必要があります。

税理士業においては、

  • 既に確定した年内の研修だけでも6件
  • 保険の営業を受ける
  • 書籍の営業を受ける
  • 支部広報誌への記事執筆

など、本業以外の周辺業務も非常に多いです。

どれも任意なので避けることは出来るのですが、

この時期を「ゼロ」で通過するわけにはいきません。

直接の仕事でなくても、「自分を高めること」は必要であり、「お客様にとって有益な情報」は

知っておく必要があります。

そんな中で、時短(時間を短縮すること)は常に考えなければならない課題です。

 

時間をお金で買う

本業以外のことに時間をとられる中で、時には「時間をお金で買う」ことも必要になります。

これまで、雇われる側であるときにはなかった発想です。

雇われる側は、どれだけ業務を効率的にこなしても、自分の売上が増えるわけではありません。

もちろん、給料に上乗せがあるわけでもなく、自分の努力で獲得した時間を、

他の業務に費やさざるを得なくなります。

 

独立すると、時短で獲得した時間は、自分のために有効に使うことが出来ます。

時短すべき事項は、毎日のルーティン業務であり、

なかでも、優先すべき事項は手書きの請求書です。

請求書を書くにはそれなりの時間がかかります。

この時間を短縮させてくれるのが、「Misoca」です。

2016-11-10

Misocaは、請求書を作成してくれるウェブサービスです。

Misocaは、数あるフォームの中から自分が気に入った「見積書」「納品書」「請求書」を

選ぶことが出来ます。

2016-11-12

自分が選んだ書式に、それぞれの情報を入力していけば完成します。

Misocaのいいところは、完成させたものを、

  • 印刷
  • メール送信
  • PDFダウンロード
  • リンクで共有
  • 郵送手続

と選択できることです。

特に、郵送手続をしてくれことはかなりの「時短」になります。

 

起業後間もない方や、ひとりビジネスをされている方にとっては、

本業に関係ない経理事務に時間を費やしている暇はありません。

しかし、請求書を発行しなければ、売上代金を回収することは出来ません。

  • 切手を買う手間
  • 封筒を買う手間
  • 切手を貼る手間
  • 宛名を書く手間
  • 投函する手間

これらの手間を考えれば「一通180円」は価値あるサービスです。

また、クラウド会計(freee、弥生、A-Saas)とも連携しています。

 

 

自分の時間あたりの単価を決めておく

「時間」が「お金」より常に優先されるべきであるかと言えばそうとも言えません。

優先してやるべきことがないのに、必要以上のお金をかけることは賢明ではないからです。

そこには、「自分の時間あたりの単価」を決めておくべき必要があります。

自分の単価を決めておけば、おのずとお金をかけるべきところと、そうではないところが見えてきます。

「効率的」であると同時に、「効果的」であるか検討することは大切です。

 

 

[ad#ads1]

 

 

 

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク