スポンサーリンク




個別相談やメール相談。ネットで提供する税理士の単発メニュー<No 1303>

)紙のメニュー表

有料だと「無料が当たり前」というお客さまは来ない

独立してもうすぐ5年になります。

今となっては珍しくない単発メニューですか、独立前はどれも経験したことないものばかりでした。

一度、同業の方に「(有料相談の)単発メニューは需要ありますかね?」と尋ねたところ、
「需要はないでしょう」と気の毒そうな顔をされました。

聞いたところで前向きな意見をくれるのは身内か飲み屋のママさんくらいでしょうから。

今なら誰にも聞かずにはじめたでしょうし、聞く人をもう少し選んでいたでしょう。

同じサービスでも誰がやるかによりけりです。

やってみなければ、受け入れられるかどうかはわかりません

大事なことは、頭に描いたことをどれだけ早く実行できるか。

ダメだと判断したら止めればいいだけのことです。

税理士業において、有料相談を利用する人は限られます。

税務署の相談センターへ聞けばタダで教えてくれますし、無料相談は巷に溢れています。

無料に慣れてしまっていると、有料相談に需要がないと思う気持ちもわからないでもありません。

仮に、需要があると知ったとしても、顧問で稼げていれば、わざわざサービスとして立ち上げるのは面倒でしょう。

準備もかかりますし、分野外のことも聞かれます。

分野外のことを聞かれたら、それを機に勉強すればいいわけで。

自分のレベルアップにも繋がります。

個別相談やメール相談。ネットで提供する税理士の単発メニュー

メール相談

独立前にお客様とメールのやり取りをしていましたが、すべて無料でした。

顧問ならまだしも年イチでもしょっちゅう答えていたので、あきらかにオーバーサービスです。

独立以来、新規のメール相談は有料で受けています。

顧問は無料。年イチは有料にて。

メール相談は、個別相談と比べて

  • 即答しなくてもいい
  • ゆっくり答えられる

というところが請け負う側からすれば一見メリットのように見えますが、
時間をいくらでもかけられるが故に、オーバーサービスになりがちです。

質問の数が増えるごとに、準備の時間も倍増します。

これを回避するために、メール相談には質問の数を設けるようになりました。

これだと、オーバーサービスを回避でき、モチベーション低下もなくせます。

個別相談

独立前、はじめて事務所に来られるお客様とは料金ナシで話していました。

申告や手続きなら料金が発生するが、相談はタダとお客様もこちら側も思っていたのでしょう。

それでいて結構な情報提供はするわけですから、何かしらの対価をいただきたいところです。

当時は、病院の窓口のように来客されたら精算できるシステムがあればと思っていました。

独立してから個別相談は有料にて受けています。

Zoomをおぼえてからは、対面とオンラインを併用で。

事務所がないのでいきなり来られることはなく、HPからお申し込みとご予約をしていただいてから当日の相談となります。

オンライン相談は2017年から初めていたので、コロナでも不自由だと感じたことはありません。

オンラインと対面の差は徐々になくなりつつあります。

差があるとすれば、対面の方が、より記憶に残るのかなと。

あと、オンラインのメリットは場所を問わないところで。

先日はニュージーランドからのお問い合わせとお申し込みがありました。

個別相談メニュー&オンラインを設けていなければなかった出会いです。

個別コンサルティング

ごく一般的な内容であれば口頭で手短に話せますが、実際の数字を使って利益や税額を試算するとなるとそれなりの時間と手間暇がかかります。

こういった時間的・内容的に個別相談の枠内で収まりきれないご相談については、個別コンサルティングを提供しています。

PowerPointのスライドやExcelのグラフがあればビジュアルで理解しやいかなと。

直接、お申込みいただくこともあれば、個別相談をご依頼いただいてから、枠内で収まりきれないと判断したら個別コンサルを紹介し移っていただいています。

手間と時間をかけるために、個別相談にくらべて高めの料金設定です。

一般的に相談業は無料と思われがちですが、

  • 「無料相談で適用なことを言われても困る」
  • 「あえて有料での答えが欲しい」

といったニーズがあるのは感じています。

実際のところ、実務で一番アタマを使うのはこの個別コンサルではないかと。

顧問業務や申告業務は手間暇はかかりますが、そのうち慣れていくものです。

対して、個別コンサルは、いきなり一発勝負かつ知らないことも多々あります。

知らないことをどこまで突き詰めていくかは報酬・時間・労力との兼ね合いかなと。

セミナー自主開催

セミナー自主開催も独立してから始めたサービスです。

以前は会議室を借りてリアルで行っていましたが、コロナ以降はオンライン限定に切り替えました。

無料相談と同様に巷に無料セミナーはありますが、そうしたセミナーには高額なバックエンドが待ち構えていることが多く。

高額な商品を買ってもらう予定だからこそ無料でセミナーができるのです。

私の場合、バックエンドは用意していないので、セミナーはすべて有料で開催しています。

有料だから手は抜けませんし、質問にも時間のある限り応えるようにしています。

経験はあとあと役に立つ

有料の個別相談、コンサル、セミナーはどれも準備に時間がかかります。

最初のうちは、時間をかけた割には安く提供し過ぎてモチベーションが下がってしまうこともありますが、そこで覚えた知識のつけ方や見せ方というのはあとあと役に立ちます。

<編集後記>
8月20日金曜日
4時00分起床後ルーティン
午前中、ダイレクト納付申請(消費税・源泉)、月次ミーティング準備、e-Taxの電子証明書更新
ダイレクト納付申請(住民税)、月次支援金6月分申請、個別相談準備(贈与税)
午後、昼寝をしてからブログ更新。

8月21日土曜日
5時30分起床後ルーティン
6時40分勝尾寺ヒルクライム出発、9時30分帰宅。
11時40分、電車でヘアサロンへ。

昼からヘアサロンの予約があったので、さくっと勝尾寺だけひとりで登ってきました。
ほんとは豊能町や亀岡あたりまで行きたかったのですが。
来週にとっておきます。
(金曜にワクチン打つので週末痛みで走られるかどうかわかりませんが)

8月22日日曜日
7時10分起床後ルーティン
午前中、家族で近所の実家へ。
夕方早めに、実家の両親を誘ってカッパ寿司へ。
着いた17時はスカスカでしたが、帰る18時頃は満員でした。

スポンサーリンク