スポンサーリンク




フリーランスとして独立する前に知っておきたい3つのこと<No 587>

)JR大阪側から

 

 

「給与取り」でなくなるということ

フリーランスとしての独立が決まったら、
あれやこれやと準備が必要になります。

  • 事務所を借りるのか?
  • クルマは必要か?
  • 個人で大丈夫か?(法人でなく)
  • 社会保険はどうするか?
  • 失業保険はもらえるのか?

など。

キチンと挙げたらこれだけでは済みません。

ただ、これらの多くは退職後に動けばどうにかなるものです。

動き出しが遅れれば、利用できるのもその分遅れますが、
全く利用できないわけではありません。

一方、退職して「給与取り」でなくなってしまうと受けられないサービスがあります。

 

 

独立する前に知っておきたい3つのこと

独立前に引っ越しておく

引っ越しそのものができないのではなく、
賃貸借契約が結べない可能性があります。

ご自身の直近の引っ越しを思い出してください。

賃貸借契約書を広げてみると、ご自身の年収を書く欄がはるはずです。

同時に家主(仲介業者)に源泉徴収票も提出しているでしょう。

ということは、次回の引っ越しにもこれらは必要になります。

晴れて退職してから手頃な物件が見つかり、
いざ契約を交わそうとして、退職した勤務先に源泉徴収票を催促します。

そこには、

  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • 退職日までの給料
  • 退職日までに天引きされた源泉徴収税額・社会保険料
  • 退職日

が記載されています。

本来、勤続していれば記載されていない欄に退職日の日付が入っている。

つまり、その源泉徴収票は「退職日」までの稼ぐチカラを証明する文書であり、
退職日以降の稼ぐチカラを証明してくれません。

確定申告書があればいいですが、まだ申告していないので確定申告書もありません。

引っ越す予定があるのなら、勤務のうちにしておきましょう。

 

住宅ローンは組んでおく

引っ越し以上に「稼ぐチカラ」を証明しなければならないのが住宅ローンです。

退職後にもらう源泉徴収票は過去の産物であり、
住宅ローンも、今現在の稼ぐチカラの証明が必要です。

フリーランスが住宅ローンを組むとなると、
3年分(最低でも2年分)の確定申告書が必要になります。

すると、最短でも独立から2年はローンを組むことが出来ません。

また、ローンを組むとなると決算書は黒字で、
かつ、所得税を払っている必要があります。

そうして、多額の税金を払っても確実にローンが通るとは限りません。

そもそも、初年度から黒字化すること自体が厳しいでしょう。

 

クレジットカードを作っておく

クレジットカードも同様です。

カードが1枚もないというのは稀でしょう。

仮に、1枚もなく、独立後に作る予定があるのなら、
勤務中に作っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
4時53分起床後ルーティン
午前中、税務署へ
午後からブログ執筆