スポンサーリンク




オンとオフは時間で切り替えない。無意識で切り替える<No 170>

時計

仕事納めず

昨日28日が仕事納めだった方も多いことでしょう。

私は27日の月次訪問にて、今年最後の仕事としました。

とはいえ、本日このブログを書いていますし、今朝も5時からルーティンをこなしています。

ルーティンの後は、請求書の発行もしました。

何ら、普段と変わりありません。

無意識で切り替える

雇われる身であるときは、休みの日に無給で仕事をすること

もありませんでしたし、そんな気もありませんでした。

一方、独立すると寝る間も惜しんで夜通しや、休みの日も仕事をする

ような雰囲気が世の中にはあります。

  • 独立当初は仕方ない
  • 人を雇う余裕がない
  • 何でも自分でやった方が速い
  • 食べられるようになるまでは

などの理由でしょうか。

前者は、もらっている給料の範囲内で仕事をこなします。

普通のことですが、それ以上でもそれ以下でもありません。

ただ、伸びしろがまだまだある方にとっては、自分の成長をあえて止めている可能性があります。

また、後者は仕事の裁量が100%自分自身にあるために、仕事に没頭し過ぎて家庭やプライベートをないがしろにしてしまう

可能性もあります。

どちらが良いというわけではありませんが、私は、独立してからは、あえて仕事とプライベートの区別をつけないようにしています。

  • 休日でも仕事のアイデアが浮かんだら書き留める
  • 平日でもプライベートの用事をこなす
  • 休日でも研修やセミナーに参加する
  • 平日でも家族との時間を持つ
  • 曜日や時間を問わずに読書する

ですので、常に仕事もプライベートも対応出来るので、無意識レベルでアタマも切り替わります。

ただし、これらの自由を可能にするために、一定の決まりも設けています。

  1. 朝5時からルーティン業務
  2. その後、デスクワーク
  3. デスクワークは午前で終了させる
  4. 打ち合わせや訪問は午後から1件のみ
  5. 22時就寝
  6. お客様とのコンタクトはメール又は訪問
  7. 電話は極力少なくする
  8. ITを最大限に利用し、移動時間を減らす

特に6、7、8によって仕事の効率化がはかれています。

自動化でロスをなくす

休日にある有益な研修やセミナー。

平日に起こるプライベートのイベント。

時間でわけてしまうことによって、本来受けられていたチャンスを逃してしまうこともあります。

目の前のチャンスを逃さないためにも、無意識レベルで対応出来る環境づくりをしておきます。

<編集後記>
2016年のブログは本日29日をもって終了いたします。
皆様、ご愛読ありがとうございました。

2017年は1月5日から始めます。

それでは、良いお年をお迎えください。

スポンサーリンク