「休みは仕事がはかどる」<No 418>

Pocket

 

1年ちょっとで「生き方」が変わった

「休みは仕事がはかどる」

以前、そんな言葉を聞きました。

自分も1年ちょっと前までそっち側にいました。

今思うと、「よくこっち側にこれたな」と安堵しています。

改めて読書とお台場に感謝します。

 

 

仕事は「常にはかどる」ようにする

休みの日に仕事がはかどるのは
当たり前のことです。

電話もなく、誰からも邪魔されずに仕事が
はかどらないわけがありません。

やるべきことは、
「なぜ、普段の仕事がはかどらないのか?」
を考えることであり、その根源を排除することです。

そもそも、その仕事を妨げているもの自体が
仕事であったりしたら、仕事の取り方自体に
問題があります。

雇われであれば、職場を見直すことも考えなければなりません。

昔、世界一周するために1年だけ佐川で働いて
稼ぐという人がいました。
(当時の佐川のドライバーは月給50万と言われています)

目標のために期間限定でオーバーワークを認めるというのは
ありでしょう。

ただ、こういったことが出来るのも体力のある若いうちに
限ります。

平日もフルに働き、土日もそこそこ働いたら、
適正な対価であれば収入はアップするでしょう。

しかし、少しばかりの収入と引き換えに、
「今」という時間を失うことになります。

 

人生には「お金で買えない価値」がある

どれだけ仕事を増やしても、どれだけお金を稼いでも、
時間を増やすことはできません。

食べるために仕事はしつつ、今を楽しむことも大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
5時30分起床後ルーティン。
午前中、年末調整、減資スキーム思案
午後から、ブログ執筆、書籍執筆、読書