スポンサーリンク




税理士試験が終わったら、つくりだした時間は「外出」につかう< No 1205>

ひとり税理士の仕事術

)ひとり税理士の仕事術

世間との接点

学生時代から税理士試験を始めるまでは、夜や土日には外出して遊んでいました。

学生時代は、社会人生活の前に遊びおさめしておこうと、社会人になってからは仕事のストレスを発散するためでした。

そこから一転、試験勉強を始めてからは、仕事・睡眠以外はほぼ勉強の時間に充てています。

スキーは止め、クルマに乗ることも減り、世間との接点が徐々に減っていきました。

税理士試験が終わったら、つくりだした時間は「外出」につかう

晴れて税理士になった安堵感から、登録後、ゆっくりしようと現状維持を選択される人は多いかと思います。

私も受験中に何もしていなければ、そうしていたでしょう。

登録する1年前、そんな私を救ってくれたのは1冊の本でした。

ひとり税理士の仕事術―雇われない・雇わない働き方 仕事も人生も楽しむ税理士

このときの心境は、共著した本に書いています。

十人十色の「ひとり税理士」という生き方

目の前に一本の道が見えたときの嬉しさは、今も変わらず覚えています。

この本のおかげで、事務所を借りず、人を雇わずにひとりでやっていこうと決めました。

登録と同時に独立し、事務所がないので通勤はなく、人を雇っていないので時間の使い方は自由です。

雇っていたら、空いた時間にプールに行くなんて言えないでしょう。

勤務時代、外出から帰ってくると髪型が変わっている所長や番頭を見ても自分は何も感じませんでしたが・・

今、心がけているのは、

つくりだした時間は、「外へ出る」ことにつかう

です。

マジメな人は、空いた時間を仕事に使いがちですが、それだと勤務時代と変わりません。

10年以上勤めた事務所でも、大きな変革がなかったのは、空いた時間に仕事以外のことをやっていなかったからでしょう。(勤務だとやれることは限られますが)

  • 将来の種まき
  • スポーツ
  • 人と会う
  • 知らないところへ行く

コロナで制限があることもありますが、3蜜を避けた行動であれば積極的に外出したいところです。

人と会うのは相手があることなので難しいですが、カラダを動かすことであればひとりでもできます。

そういう意味では、マラソンやトライアスロンに挑戦して良かったなと。

始めたおかげで、空いた時間を仕事に充てずに済んでいます。

2019年にハーフマラソン走ったあと、2020年にトライアスロンを始めました。

トライアスロンは、

  1. スイム
  2. バイク
  3. ラン

の3種目あるので、それぞれ満遍なく練習が必要です。

マラソン以上に時間やお金がかかりますし、知識を仕入れることも。

挑戦していなければ、試験と論文で根が生えて、そのまま動けなくなっていたかもしれません。

ひとりでは進めないことでも、勉強会や練習会に出たりして、そこで知り合った方とまた仲間内で練習会をやったりするようになりました。

おかげで、コロナでもの蜜を避けながら、適度な外出ができています。

私は仕事を先に終わらせ、午後からは運動をしたりブログを書いています。

自分がやりたいことをする時間を先に確保しましょう。

運動だけでなく、旅行や遊びでも構いません。

先にスケジュールに入れておかないと、すぐに仕事で埋まるので。

<編集後記>
3月25日木曜日
6時00分起床後ルーティン
午前中、ブログを途中まで、保険屋さんとお客さまの契約見直し検討。
午後から、ブログ更新、ランニングでプールへ出かけたところトラブルで帰宅。

市民プールは現金のみで、その現金を下ろそうとコンビニATMでSony bank wallet(デビットカード兼キャッシュカード)を入れたところ、取引できず。

不正があったのかと思い、すぐにカード記載の番号へ連絡すると不正の届け出はなく。
磁気の劣化によるものなので再発行の手続きをしてもらいました。

外出前、リビングのAmazonアレクサが突然止まり、パスワードの要求をしていたので、
念のため、キャッシュカード、クレジットカード、その他サイトでの不正はないかすべて調べて異常なし。(あとで、家族が電源を抜いていたことが判明)

パスワードの使い廻しは基本やっていませんが、今後、定期的に変えていきます。

スポンサーリンク