「会って感謝されているか」を自分に問う<No 415>

Pocket

 

本日は「仕事納め」

今日は12月28日。

仕事納めの方が多いでしょうか。

ニュースでは、早くも国外へ脱出される方で
賑わう空港ロビーが映し出されていましたが。

私は20年前のこの日、コートの襟を立てて、
ご挨拶に一軒一軒回っていました。

今朝、うちにも来られる方がちらほらと。

「大変だな」と思いつつ、
来られたら玄関で返すわけにもいきません。

カレンダーをいただき、多少の営業攻勢を
いなして、適当なところでお引き取り願います。

挨拶回りは、昔ながらの風習なので「良い悪い」は別にして、
思うことがありました。

自分が逆の立場のときに、
「お客様に感謝されているのか?」と。

 

 

「会って感謝されているか」を自分に問う

税理士事務所の手帳

この業界に入ってからは、カレンダーならぬ
「手帳」をお客様に配っていました。

この黒塗りの手帳は、税理士やこれに付随する
業務についての手引きなどが手帳の始めと終わりに
記載されていました。

  • 印紙税の一覧表
  • 税率
  • 税金の計算例

など。

見ると「あ、なるほどね」とは思うのですが、
私自身、一度も使いませんでした。

これよりも便利なツールがいくつもあったからです。

なので、お客様にも積極的に渡すことはありませんでした。

営業さんのカレンダーと違って、わざわざこれだけを
持参して挨拶することはありません。

行ったときのついでに渡す程度のものでした。

そして、年々

  • 手帳が余るようになる
  • お客様から欲しいという声もない
  • 結構なお値段

ということで、事務所として廃止することになりました。

 

「会って感謝されているか」

独立してから変わったことは
「時間をより大切に扱うようになった」
ことです。

なので、なんとなく人と会うことはありません。

自分が人と会うには明確な目的があります。

それが、仕事である必要はありません。

自分にとって「心地よい」ことであるのなら。

ただし、気をつけるべきことは、
「会って感謝されているか」です。

いくら自分が心地よくても、
相手に「感謝されていなければ」
その後、継続して会うことは難しくなるでしょう。

なので、会うからには「感謝してもらう」努力を
しなければなりません。

顧問契約で毎月訪問しても感謝されていないのなら、

  • 欲しい情報をヒアリングする
  • 資料を見やすくする
  • いっそ会う頻度を減らす

などした方がいいでしょう。

 

 

 

お互いに楽しむ

プライベートでも、お互いが無条件に
その場を楽しめるのであれば問題ありません。

しかし、一方が「会ってあげている」
と思った瞬間、次の機会は遠くなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
7時00分起床後ルーティン
午前中、年末営業挨拶、MF取り込み
午後から、ブログ執筆


 

昨日から妻と娘が里帰り。
ひとりだと不摂生になりがちですが、
スケジュールとタスク管理のおかげで、
生活は乱れていません。

寝坊はしましたが💦