スポンサーリンク




相続セミナー開催までの準備と振り返り<No 293>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

)相続セミナー

 

 

初めてのセミナー開催

7月1日に地域の集会所にて、
ご年配の方に向けて相続セミナーを
行いました。

これまで、学校行事や組織など、
関係者向けの話をしたことがあっても、
何も携わってない方向けに話しをした
ことはありませんでした。

 

これまでの準備

普段、話す機会のない人間が、
人前で30分話し続けるのは
なかなか大変なことです。

話し方講座も思うようなもの
が見つからずに結局は行かず。

リハーサルは自室で、

  • 前日に3回
  • 当日に2回

しました。

飛んだときにアドリブが効かないので、
台詞として覚えることはしませんでした。

話のキーポイントだけ抑えておいて、
後はスライドを見て自然に出てくる
言葉で望むことにしました。

話す内容の組み立て方については、
こんな記事を書いています。

 

 

 

 

当日、本番が始まるまで

当日は、社会福祉士の方が行う歌の
催しがあり、この前に私が話すことになり
ました。

現場には早めについて、
すでにいらっしゃる方との交流を深めます。

皆さん、好意的に受け入れてくれました。

早速準備にとりかかります。

PCもいつも通りに起動してくれ、
PowerPointも問題なく作動します。

配線は事前の下見で調べておいた
HDMIケーブルを繋ぎます。

モニター画面にもきれいに写って
いました。

そして、ワイヤレスプレゼンターが
指輪と化さないように動作のチェックも
しっかり行います(^^)/

 

 

親切で入れてくれたコーヒーを飲みながら、
後はご来場を待つばかり。

当日、心掛けたことは、

  • 話し始めはゆっくり話す
  • 専門用語は使わない
  • やむを得ず使う場合は前後に説明を入れる
  • 紙と鉛筆で手を動かしてもらう
  • 詳細資料は一番最後に渡す

ことでした。

 

 

振り返り

当日、本番を迎えるまで、
気づかないことは多くあります。

 

マイクはあった方がいい

当日参加された人数は30名弱。

集会所の一室なので声は余裕で
通ると思っていたのですが、
最後尾には届きませんでした。

幸い、

  • 冒頭で言ってくれたこと
  • ワイヤレスマイクあり
  • スピーカーあり

なことに救われました。

マイク無しで話していても、
気づかないのですが、
マイクで話すと声にチカラを
入れる必要がないので、
非常に楽でした。

それよりも、後方の方まで声が
届いて良かったです(^^;)

 

 

質問は最後にお願いする

これも基本だと思うのですが、
冒頭にお願いするのを忘れて
ました。

なので、セミナー中にバンバン
質問が来ます。

その都度、最後にお願いして
事なきを得ましたが…

これも、内容が理解出来なければ
質問する気すら起こらないと思う
のでポジティブに受け止めています。

 

 

カンペが故障で見れなくても動じない

PowerPointには発信者ツールという
便利な機能があります。

参加者の方が見るモニターには
通常の画面を表示し、
発表者側のPCには、

  • 次のスライド
  • コメント
  • 開始からの経過時間

が表示されます。

こんな感じで

このスライドだと、

1.何も言わない
2.5秒後。次

と自分が入力したコメントを確認
することが出来ます。

練習でもほとんど見ることはなかった
のですが、万が一飛んだときのために
キーポイントのみを2、3書いておきました。

しかし、セミナー中盤で少し話すことが
飛んでしまったのでPCを確認したところ、
発信者ツールではなく、参加者の方が
見る画面と同じ画面が表示されていました(-_-;)

そんなときは

  • 飛んだら次のスライドへ

と事前に決めていました。

それほど前後が繋がらなくはなかったので、
傷は浅くて済みました。と思っています(^^;)

結局、この一度しかPCを見ませんでした。

 

手がふさがってしまった

話の中途で簡単なジェスチャーを
入れようと思っていました。

  • 指で数字を示す

など。

しかし、事前に想定していたのは、
左手にプレゼンターの黒曜石を。

右手でジェスチャーをするはずが、
マイクで右手がふさがってしまい、
ジェスチャーができず。

左手は「大きな指輪」をしているので、
使えませんでした(^^;)

 

 

良かったこと

事前に資料は渡さない

事前に資料は一枚も渡しませんでした。

結果、常に皆さん顔を上げてくれていました。

 

1スライド、1コメント

スライドは箇条書きにしません。

(最初と最後の自己紹介にだけ使用)

後は全部、1コメントのみで通しました。

1スライドにつき話す時間は、平均20秒から1分。

スライドによっては、参加者の方に考えて
もらうために、無言で次に移動することも
しました。

30分のセミナーに使用したスライドの数は、
78枚。

そのうち写真は24枚。

すべて無料のサイトからです。

本当はもっとコメントの内容に近い写真を
使用したかったのですが、そこまでは時間
がありませんでした。

 

 

 

まとめ

初セミナーの感想は、

  • 準備したこと以上のものは出てこない

でした。

その中で、トラブルもなく無事に終えること
が出来ました。

40超えたら人のためにできることを考える

まずは第一歩から。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
土曜日、午後から相続セミナー開催
夕方から実家で両親、兄家族と食事

日曜日、京都府宇治市にて保育所の
クラスメイト家族とバーベキュー
8家族が現地集合

月曜日、3時30分起床後、ルーティン
午前中、請求書発行、今日から納期特例開始(-_-;)
    相続診断士学習

午後から、ブログ執筆


 

次回、別会場にて8月1日開催。

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク