スポンサーリンク




育てる環境が組織を成長させる<No 154 >

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

組織の方向性を決めるのは経営者

近ごろ、税理士関係の方に会う機会が多いなか、

先日は、他業種の方とお話しする機会がありました。

お話しは主に、大手企業に勤める方の雇用のことでした。

その方いわく、その大手企業では社員を育てる環境が整っていないため、

離職率が高く、その穴埋めを派遣社員で行っていました。

正社員のなかには、プライドが高く、自分の非を認めない方も多い

とのことでした(皆がそうではないのでしょうが)。

知らない方の事とはいえ、いじめに近いネガティブな事柄を聞くと

正直へこみました。

 

私は、20代で既に大きな組織で働くことをやめました。

ですので、その後に務めた職場は、小規模の税理士事務所だけです。

決して整った環境ではありませんでしたが、

仲間内から攻撃されるようなことはありませんでした。

しかし、育てる環境があったかというと適切ではなかったように思います。

 

 

税理士研修に行って思うこと

先日、税理士の登録時研修に出席しました。

初日は、

  • 憲法
  • 行政法
  • 税理士制度

など、非常に役立つ内容のものでした。

これだけの素晴らしい研修を、勤務時代に受けることが出来たら、

お客様に対してまた違ったアプローチが出来ていたのではないかと思います。

大きな事務所であれば、そういった会議や研修があるようですが、

小規模事務所だと、どうしても所長の裁量に委ねられてしまいます。

私の場合、以前に勤めた事務所では、所長から、所長自身が受けた研修の内容を、

当然知っているかの用に問いかけられることが多々ありました。

当時は、無知な自分を責めましたが、今思えば知らなくて当然です。

目の前の業務と、試験勉強に追われる従業員が、研修も受けずに

その内容を知るよしもありません。

 

見て覚える時代ではなくなった

昭和の時代なら、「見て覚えろ」も通用しましたが、今の時代にはそぐわないです。

強い組織にしたいのなら、たとえ小規模の組織でも、育てる環境を作ることは大切です。

結局、従業員が早期に退職すれば、また人材の育成に費用や時間を要します。

人材は勝手に育ちません。

外で得た情報を従業員に適切にフィードバックし、

従業員の働きやすい環境を作るのが経営者です。

自身の経験を次の世代に伝えていくことが我々の使命です。

 

<編集後記>

登録時研修三日間のうち二日が終わりました。

明日は最終日です。

数カ月ぶりの満員電車(大阪市地下鉄)。

おじさん達がひしめき合いますが、文句一つ誰も言いません。(当然ですが)

税理士会に到着した頃には、ひと仕事終えた気分になりました。

 

独立して良かったなぁと思います。

 

[ad#ads1]

 

 

 

 

 

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク