スポンサーリンク




宮崎トライアスロン51.5km初完走。レース前日、グルメ・受付・交通事情<No 1510>

宮崎トライアスロン51.5km初完走

6月26日の日曜日、宮崎トライアスロンに参加しました。

昨日は、レース前日の前半部分についてお伝えしました。

こうしてブログが書けるのは、ケガなく無事にレースが終えられた証拠。

お世話になった方々に感謝にしながら、今日は中盤部分についてお伝えします。

レース前日、グルメ・受付・交通事情

空港からの道中

空港から出ると、道路沿いのヤシの木が、南国に来たことを気づかせてくれます。

左手に海を見ながら走られるので爽快です。

ホテルのチェックインは15時。

それまでの間、昼食を済ませるために、空港から30分ほどの距離にあるうどん屋さんへ向いました。

釜揚げうどん岩見

妻の運転で予定通り到着すると、すでに5組15名ほどの方が待っていらっしゃいました。

)手打釜揚げうどん岩見

待ち時間、1時間くらいかと思いましたが、店員さんは「20、30分くらい」とのことだったので、クルマのなかで待たせてもらうことに。

30分ほどで店内に入り、座敷席に通してもらいました。

ただ、うどんは注文してから作り始めるので、15分から20分かかるとのこと。

それまでに、炭火の地鶏を美味しくいただきました。
(写真、忘れてました)

小4の娘も美味しいと、私のまで食べてました。

私は肉うどん。

 

娘がキツネうどん。

 

妻は、釜揚げうどんとお稲荷さんを。

魚ずしが美味しいと聞いていたので1つ。

あっさりしていて、すし飯が得意でない私でも美味しくいただきました。

ここでの所要時間は、1時間ほど。

このあと、観光名所の堀切峠を予定していましたが、雨も降ってきたので切り上げて、レースの前日受付に向いました。

レース前日受付

道中、地元のスーパーにてお土産の地鶏と滞在中の水や飲料を買い込みました。

そのまま、海沿いの有料道路を進めば良かったのですが、市街地に入ってしまい渋滞に巻きこれました。

空港から岩見までの海沿いを走ってきたときは、渋滞は皆無と勝手に考えていましたが‥

受付は17時まで、明日の準備を考えると堀切峠を切り上げて正解でした。

受付場所は、シーガイア・リゾート敷地内のコンベンションセンター。

そこで、当日付けるゼッケン類を受け取りました。

特にイベントはなかったので、これなら事前発送でも良いのになと。
(郵送料といった運営費はかかりますが)

この受付終了時間に間に合わないと、レースには出られないということだったので、ここで一安心。

交通事情

宮崎は、クルマ社会なんでしょうね。

着いてから気づいたのは、

  • 人が歩いてない
  • 自転車に乗ってる人がいない
  • オートバイに乗ってる人も少ない
  • クルマが静か

クルマが静かなのは、運送のトラックがそれほど多く走っていなかったから。

静かで環境に優しくていいところです。

あと、高速ではないですが、普通車150円程度の有料道路がいくつかあります。

地元の人は避けるのでしょう、かなり空いているので、レースで来られたかたは、渋滞回避に利用するとスムーズに移動できます。

チェックイン

コンベンションセンターから、宿泊先のコテージまでは5分程度で到着。

本館とは別に、コテージ風の建物がいくつかあります。

駐車場から部屋まで5分もかからないのですが、バイクを担いで歩くと肩から上半身にダメージが。

この距離が、今回バイクを担いて歩いた最も長い距離でした。

帰りの宮崎空港で預けるときの重量表示が15kgあったので、これを右肩一点で担ぐとなると、それなりの負担がかかります。

宿泊先では、輪行バックにキャスターが付いたSCICONをお持ちのかたがチラホラ。

バイクを宅配で送ってしまうのも良いですし、SCICONで押して運ぶのも一つでしょう。

ただ、10万超するので、ヘビーユーザーじゃなければ必要ないかと。

観光は二の次

事前の予定では、岩見でうどんを食べた後、堀切峠と鵜戸神宮まで行く予定でした。

仮に、行ってればレース受付に間に合わないこともあったでしょうし、バイク組み立てや準備で睡眠時間は削がれていたでしょう。

そう考えると、レース前日の観光は控えて、準備に時間を充てるほうが賢明。

準備完了後、余裕があれば観光すればいいでしょうし。

今後のために、リスト化しておきます。

<編集後記>
6月24日金曜日
5時00分起床後ルーティン
You Tube編集・アップ。
バイク解体用の六角レンチを買いにホームセンターへ。
宮崎遠征の準備。

6月25日土曜日
5時20分起床後ルーティン
ジャパンタクシーで、自宅から伊丹空港へ。
伊丹空港〜宮崎空港。
手打釜揚げうどん岩見で昼食。
レース受付を終えてからホテルチェックイン。

スポンサーリンク