スポンサーリンク




予防は治療に勝る。利益よりもお金の流れを把握する<No 1531>

予防は、財布にもメンタルにも優しい

今、週イチで整体に通っています。

勤務時代は、肩こりと腰痛がひどかったので。

ランニングをはじめてからは肩こりも腰痛もなくなりましたが、代わりに膝が痛むようになり。

トライアスロンをはじめてからは、練習で負荷をかけたところが痛むようになりました。

トライアスロンは3種目あるので、週のほとんど何かしらのトレーニングをしています。

ケガをするとレースはおろか練習もできませんので、メンテナンスは欠かせません。

予防は治療に勝る

ケガで治療をするとなるとお金はかかりますし、メンタルも消費します。

予防だと治療ほどお金はかかりませんし、メンタルはむしろ改善します。

この考え方で、

  • 歯科は半年に1回
  • 眼科は年に1回

かかっています。

歯科に行くと、歯石がそれなりに溜まっていますが、1回で除去できる程度なので、お金はほとんどかかりません。

眼科は、視野狭窄になっていないか、緑内障や白内障といった兆候がないかを診てもらいます。

今のところ、診療で引っかかることはありませんが、仮に、病気の兆候があったとしても、初期段階で見つかると治療で完治する確率は高くなります。

こういった、事前の予防は仕事にも取り入れています。

予防は治療に勝る。利益よりもお金の流れを把握する

事業を行う上で、最も避けなければならないのは資金がなくなってしまうこと。

お金がなくなると事業を続けることはできません。

いかにして、利益を出しながらお金を残していくか。

事業者にとっての永遠のテーマであり、そこを崩壊させないことが自身の仕事であり得意とするところです。

数字を定期的に見ていれば、いきなり資金が枯渇することはありません。

定期的なチェックをせずに、年イチや決算間際になって経理をすると、事態が深刻化していることがあります。

こうなると、やれることは知れています。

そうなる前に、こちらとして心がけていることは、予防を優先すること。

事態が悪化するまえに、普段から予防していれば大きな事故には繋がりません。

  1. キャッシュフロー表をつくる
  2. イレギュラーな数字をチェック

キャッシュフロー表をつくる

試算表をつくっても、会計上の数値は把握できますが、実際のお金の流れがわかりません。

試算表をベースにして、キャッシュフロー表をつくると、お金の流れが見えてきます。

実際、キャッシュフロー表(資金繰り表を含む)までつくっている事業者のかたはそれほど多くありません。

キャッシュフロー表があると、資金繰りが見えるだけでなく、金融機関から融資を行うときにも貴重な資料となります。

金融機関は、「貸したお金を実際に返してくれるのか」を最も懸念しています。

そうした、金融機関が懸念するところをキャッシュフロー表が補ってくれます。

試算表の利益=お金の残高ではありません。

試算表には上がっていないお金の支出(借入金の返済など)はありますし、収入(融資を受けるなど)もあります。

試算表だけではなく、キャッシュフロー表があれば、こうした試算表では見えないお金の動きを把握することができます。

イレギュラーな数字をチェック

資金繰りの悪化は、いっときに起こるのではなく、過去からの予兆があるものです。

そうした予兆を把握するために、定期的にイレギュラーな数字をチェックします。

  • 月次推移試算表
  • 3期比較損益計算書

月次推移試算表では、当期中の数字の流れを見ます。

他の月に比べて突出して増えた数字がないか。

あれば、支出内容を見ていきます。

本当に必要な支出か、無駄な支出がないか確認します。

3期比較損益計算書では、過去2期と比較します。

ここでも、勘定(項目)ごとにチェックしていきますが、支出のチェックは売上に占める割合を見ていきます。

金額だけを見ていると、「これぐらい、必要」と思いがちですが、売上に占める割合(%)で見ると、また違った感覚で受け止めることができます。

これは、私もそうですし、お客さまも同じくです。

2022年(当期)の過去2期は、コロナ以降の数字なので、もう1期前、コロナ前の数字を含めた4期で見るのも効果的です。

コロナ前の数字に戻ったかどうかが把握できます。

お金の流れが見えると、心穏やかでいられる

いきあたりばったりの経営をしていると、イレギュラーな事態があったときの選択肢が狭まります。

特に、お金については。

経営にて数字を見るのは基本ですが、そこからあと一歩、お金の流れを把握していると心穏やかでいられます。

<編集後記>
7月27日水曜日
5時00分起床後ルーティン
セミナーお申し込み対応、オンラインミーティング。
午後、ブログ更新してからプールでスイム1500m。

スポンサーリンク