スポンサーリンク




「情報のブロック」と「サービスの限定」で仕事を効率化する<No 189>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

情報をブロックする

近年、IT化で常に何かにつながっています。

IT化は仕事を確実に便利にしました。

その反面、自分の時間を求めて、

その繋がりから解放されたいと思うこともあります。

  • メール
  • Facebook
  • Twitter

送る側は、送られる側の事情など関係ありません。

 

メール

私のメールアドレスは、

  • PC
  • スマホ
  • 携帯

と3つあります。

メールからやって来る「いらない情報」は遮断します。

そのため、広告などはすべて受信停止するようにしています。

以前は、メール受信があると、バイブやライトで知らせるように

なっていましたが、設定を変更してバイブやライトも作動しないように

しました。

なので、自分が見に行かなければ、見ることは出来ないため、

仕事の邪魔になることはありません。

朝、昼、夕方と見る時間を限定して、

仕事の妨げにならないように工夫します。

 

Facebook

私は、ブログ記事と同じものをFacebookに掲載します。

これだけなので、Facebookでエンドレスに他人の投稿を

見てしまうことはありません。

 

Twitter

TwitterもFacebookと同じ方法で利用しています。

あくまで、発信側の自分にとってメリットのある方法で利用します。

自分が受信側として利用するのは、各時間帯のタスクリストを

すべて終わらせて時間が余れば利用します。

 

 

 

 

そのときは、あくまで

  • 有意義な情報を
  • 必要最低限

の範囲にとどめます。

 

 

サービスを限定する

サービスの提供のなかでも、

「どうやって連絡をとるのか」を、あらかじめ決めておきます。

  • 固定電話
  • 携帯電話
  • PCメール
  • スマホメール
  • FAX
  • LINE

 

固定電話

仕事用の固定電話は備えていません。

仮に備えたとしても、かかってくるのは

営業など必要のない電話ばかりでしょう。

 

携帯電話

仕事上、緊急時の連絡は、携帯電話にかかってきます。

実際のところは、緊急時よりも

「メールよりも電話の方が早く済む」

ひと言で終わるような要件のときにかかってきます。

本当に大事な要件は、実際にお会いして話すようにしており、

お客様もそのように理解していただいています。

 

 

PCメール

おおむね、これがメインの通信手段です。

データのやり取りもメール添付ですることが出来ます。

一日に受信ボックスを見る回数は限定しますが、

一度メールを見れば返信は即します。

答えに時間を要するときでも、

とりあえず、

  • メールを確認した旨
  • いつまでに詳細を返信するか

を返信します。

お客様の案件が進行中であることをアピールします。

 

 

スマホメール

スマートフォンのメールで仕事上のやり取りをすることはありません。

ただし、外出中でもPCメールを確認出来るように、

PCからスマホに転送の設定をしています。

スマートフォンのメールは、PCメールを確認するのみに利用しています。

PCメールを気にすることなく外出することが出来ます。

 

 

FAX

FAXは公にはしていません。

なので、HPにも載せていません。

勤務していた事務所のFAXがほぼ広告のみだったので。

おかげで、広告FAXは一度も来たことがありません。

さすがに税理士会には伝えているので、支部からの連絡は

FAXで送られてきます。

実際は、お客様でも、

  • PCメールが苦手であったり
  • FAXを好むようであれば

対応するようにしています。

 

 

 

LINE

仕事でLINEは使いません。

LINEはメールに比べて手軽です。

慣れてくると時間外にも送信されることもあります。

一度、これを許してしまうと、当たり前になってしまいます。

手軽な分、メール以上に厄介です。

私がしているLINE対策は、

  • LINEで受信してもPCメールで返信する
  • 時間外に受けても翌日の営業時間に返信する

などの処置をとっています。

「24時間営業」になると、心も体も休まる暇がありません。

 

 

限定することで、仕事の効率化をはかる

ITの発達で、無料の情報にいくらでも触れることが出来るようになりました。

しかし、無料で手に入る情報の真偽は定かではありません。

情報の収集は、

  • 自分が欲しいもの
  • 自分にとって有意義なもの
  • 自分に必要なもの

に限定します。

サービスを提供する上での連絡手段も、

あらかじめ限定します。

限定することで、仕事の効率化をはかります。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
早朝4時半起き、ルーティン
日中勤務
帰宅後、夕食・風呂・ブログ

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク