スポンサーリンク




時間をコントロールするために「独立のすすめ」<No 144>

「努力を認めてくれる」そんな職場に出会いたかった

雇われる側であったときに思っていたことがあります。

  • 頑張ったら認めてもらえるだろう
  • 人より多くこなしたら給料に色をつけてもらえるだろう
  • 自分の将来のことも考えてくれているのだろう

残念ながら、そんな経営者に出会えることはありませんでした。

古き良き、昭和の考え方は、今となっては時代錯誤の話なのでしょう。

自分がどれだけ段取り良く仕事をこなしても、その成果に対する報酬もなく、ねぎらいの言葉もなく、あるのは他人の仕事をふられることだけでした。

私がそのような負のスパイラルから逃れるために選んだ道は、「税理士になること」でした。

しかし、税理士になっても、雇われているうちは、、多少の賃金があがるだけで状況は何も変わらないと思いました。

そして、

「結局、最後は誰も守ってくれない」と。

そこで、下した決断は「独立すること」でした。

雇われる側に当然備わっていると思っていた権利が、備わっていないこと。

これらが、私を独立へと導きました。

時間をコントロールできることの素晴らしさ

独立すれば、何でも自分で決めることが出来ます。

  • 9時5時勤務をあえてする必要はない
  • 1日のやるべきことをこなせば、後は自由
  • 有給の許可を得る必要がない
  • 日中病院に行ける
  • 急な葬儀に参列できる
  • 子育てにも参加できる

自分の仕事が終わっているのにも関わらず、無駄に定時まで職場にいる必要はありません。

  • やったら、やっただけ
  • やらなければ、やらないだけ

成果主義は、自分自身に納得がいきます。

独立しなければ経験できないことがある

雇われる側であれば、自社の商品やサービスの値段を決めることはありません。

また、自分が顧客の側として営業を受けることもありません。

要は、経営者としての動きをする機会がないのです。

しかし、経営者(=ひとり親方)となったとたんに、何もかも自分で決めなければなりません。

この自分で決めるという作業が、自分をステップアップさせてくれます。

自分で決めるということは、責任は全て自分にあるために、細心の注意をはらいます。

だからと言って、ずっと考えているだけでは、何も進みません。

見切り発車で、「走りながら考える」ことも必要です。

何かあったときには自分の責任です。

独立すれば、

  • 常にビジネスを考えます
  • 根性がつきます
  • 時間を大切にします
  • 必要なこと、無駄なことの選別が早くなります
  • 付き合う相手を考えます
  • 家族と向き合います
  • 自分が老いる現実と向き合います

時間は有限です。

独立は、これまで見えていなかった「時間の大切さ」を気付かせてくれます。

<メルマガ「トライアスロン税理士の独立開業日誌」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<サービスメニュー>

 

スポンサーリンク