ブログは「私の生存確認」になる。ブログのススメ。<No 605>

 

 

 

ブログは「私の生存確認」

2016年4月22日から始めたこのブログ。

先日、600記事を超えました。

毎日、どの記事がどれくらいの方に
見ていただいているかは、こちらでわかる仕組みになっています。

ただ、ピンポイントで今誰が見ているかまでは把握していません。
(IPアドレスを知っていればできるのでしょうが)

なので、自分の友人・知人のうち誰が見ているかは、
ご本人が申告してくれない限り私が知り得ることはありません。

それでも、ブログを書き続けることは、
私の生存確認になるのかなと思っています。

 

友人からの便り

先日、結石で倒れたとき、心配してくれる便りが友人から届きました。

その友人とはもう数年会っておらず、年賀状だけの付き合いです。

私がブログを書いていることは直接話していません。

独立したときに出したハガキにURLのみ記載していたので、
それで知っていたのかもしれないです。

倒れたときの記事をたまたま読んでくれたのか、
ずっとブログを見てくれていたのかはわかりません。

 

いずれにしても、私の近況がその友人に伝わったおかげで
連絡をもらうことが出来ました。

もし、発信していなければ、残された繋がりは唯一の年賀状のみです。

すると、半年も前の結石騒動を年賀状に書くことはなかったでしょう。

ブログはSNSと違って言葉の反応が直にあるものではありません。

その分、ゆるく繋がることが出来るのかなと思っています。

ブログを書くことで身近な友人・知人に対して、
広くは世間に対して自らをオープンにしています。

誰かに対しての「私の生存確認」だと思えば
ブログ(執筆)のハードルも下がるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

<編集後記>
5時35分起床後ルーティン
午前中、税務相談準備
午後から、ブログ執筆