スポンサーリンク




本の要約サイトflier フライヤー。1冊10分で効率的な立ち読みができる<No 110>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

本の選び方も日々進化

多読を始めてから、「どうやって読みたい本を見つけるのですか?」と聞かれます。

そんなときは、書店で「手にとって読んで、良いと思ったら」と答えています。

実際の多くはそうなのですが、これ以外にも見つける方法はあります。

  • 読んでる本の中での引用文献
  • 読んだ本の中で紹介された人物の著書
  • Amazonでのレビュー
  • 他の方のブログで紹介されたもの

普段、書店に行くと、無意識のうちに、「読みたい本」「読みやすい本」に手が伸びます。

しかし、上記の方法で見つけた本の多くは、書店では手に取らないものなので、新鮮なものです。

そして、これまで出会ったことのない本に出会えます。

そんな中、また、新しい本の探し方を見つけました。

 

 

書店に行けないこともある。そんなときは、flier フライヤーで、どこでも立ち読み

フライヤーには、無料版と有料版があります。

無料版でもそこそこ読める

閲覧可能数とあるのは、サイト内で読める「要約本文」の数です。

この「要約本文」は、その内容が5ページにまとめられたもので、
無料のフリープランであれば、常時決められた20冊が読めます。

この「要約本文」で本の全体像をつかむことが出来るのですが、
これとは別に、「要約者レビュー」という1ページに簡素にまとめたものについては、
サイト内の全ての本について見ることが出来ます。

最初に見たときは、この1ページのものが「要約本文」と思ったのですが、
「要約者レビュー」はあくまで「要約の要約」だったようです。

 

シルバープランとゴールドプラン

月額500円のシルバープランは、毎月5冊まで「要約本文」が見られます。

ゴールドプランは、月額2,000円でサイト内の全ての「要約本文」が対象になります。

そして、毎月20冊強の本が新たに加わります。

 

 

これからの追加コンテンツ数に期待する

各カテゴリの蔵書を数えたところ、1,724冊でした。(2016年9月30日現在)

ただ、本を掲載するだけではなく、一つ一つの本に対して、
各分野の専門家の要約が必要になりますので、

コンテンツの大量仕入れは難しいです。

今のところ「無料版で十分」というのが、私の感想です。

しかし、離島や遠隔地で近所に書店がないから、
「立ち読みが出来ないかた」などにとっては、利用価値のあるサービスです。

今後に期待です。

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク