スポンサーリンク




多読したいなら時間を決める。リアルからウェブへ「リアル積読」の解消<No 52>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

時間を決める

読書をしたい、でも「積読」から抜けられない。

良い本を見つけても、「まだ読んでないのがあるし」と、
新刊の購入に二の足を踏むこともあるでしょう。

私は、読書の時間を

  • 早朝
  • 朝の通勤
  • 帰りの通勤
  • 寝る瞬間まで

と、時間を決めています。

おかげで、寝つきも良く、「のび太くん」なみの速さです。

 

 

リストをつくる

読んだ本、読みたい本、買ったけどまだ読んでない本。

多読しだすと、整理がつかなくなります。

ネットや書店で読みたいと、いきおいで購入するも、
時間に追われ「積読」状態が続くこともあります。

そこで、欲しい本が出来たら即購入ではなく、購入リストに入れるのです。

購入リストを自分で作るのも手間暇かかりますので、
私は「メディアマーカー」を利用しています。

 

メディアマーカーは、読書管理ができる無料のwebサービスです。

毎月の読み終えた本の数や、購入金額が、グラフでわかります。

読んだ本の表紙がビジュアルで見えるので、自分の本棚のような感覚です。

また、今現在の「積読」、「読中」の数もわかります。

毎月の目標読書の数を登録すれば、カウントダウンもしてくれます。

読みたい本は、ここで登録さえしておけば、後に時間が出来たときに購入すれば良いのです。

その購入も、本の表紙をクリックすれば、アマゾンの購入サイトへ飛びます。


<追記:2018年10月8日>

残念ながら2019年1月20日をもってメディアマーカーは終了します。


 

 

リアルからウェブへ

実際に、読書しているそばに、積読状態の本があると気になります。

思っていなくても、無意識のうちに、端折って読んでいることもあるかもしれません。

「web積読」であれば、「購入したのに、未だに読めていない」
というプレッシャーもかかりません。

リアル積読からweb積読へ。

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




2 件のコメント