スポンサーリンク




税理士業には「保険診療」も「窓口収入」もない。既存の商慣習にとらわれない<No 94>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

医業の仕組みは参考にすべき

ケガや病気をすると、保険証を持って医療機関に行きます。

初診なら窓口で保険証を提示して、診察券を作ってもらいます。

診察が終わると、窓口で会計を終わらします。

自分が医療にかかったとき、「いいシステムだな」とつくづく思いました。

  • サービス完了直後に回収できる現金収入がある
  • 窓口収入以外は保険で保証される
  • 原則、1割から3割で目に見える負担が少なくてすむ
  • 支払を誰も拒まない

これだけ整った「債権回収方法」は他に見当たりません。

もちろん、「窓口で払わない人」、「保険証が切れてる」など、例外はあるでしょうが、世間一般の商慣習の中では、質の高い回収方法です。

 

 

既存の商慣習にとらわれない

1673年、江戸本町には大きな呉服店が建ち並びました。

三井グループ創業者の三井高利は、大口の顧客をもたずに苦戦していました。

これまでのスタイルでは、支払いは年に1~2回の掛売りであったため、掛値を乗せた値段は割高になり、さらに資金の回転も悪い。店にも客にも不利益をもたらす方法だったのである。
しかし、客は当たり前のこととして、このシステムを受け入れ、店も伝統や習慣を頑なに守ろうとして、他の方法があることを考えもしなかった。

佐藤光浩『遅咲きの成功者に学ぶ逆転の法則』(文藝社、2016年)84頁

そこで、高利は、次の方策に出ました。

  • 消費者でなく呉服商に品物を卸した
  • 店頭販売を始めた
  • 現金販売を始めた

業界特有のやり方はありますが、視点を変えてみれば、より良い方法はあります。

ただし、既存の先輩方と異なるやり方を導入するとなると、そこはやはり圧力を受けます。

高利もまた、同業者からの嫌がらせを受けましたが、自身のやり方を貫き成功を収めました。

 

「古い業界で新しいことを成功させるには?」との問いに対して、田原総一朗さんは、

ケンカは我慢。したたかに共存せよ

PRESIDENT(2015.8.17号)93頁

と答えています。

田原氏の言葉は、短いですが端的で重みがあります。

 

税理士業にも求められる原価管理と債権回収能力

これまで、回収出来ない債権をかかえる方を多く見てきました。

当時は私自身も若く、「大変だな」くらいにしか思いませんでしたが、

そもそも回収出来ない方の多くは、

  • 請求しない
  • 話そうとしない
  • 努力しない

特に税理士のように、自身の能力そのものがサービスとなる事業においては、形として目に見える「商品」がないことから、

強く回収出来ないのかもしれません。

しかし、目に見えないからこそ徹底した「原価管理」が必要であり、自分自身に値段をつける必要があります。

税理士に限らず、知識や考えをサービスとして事業を行う方すべてについて言えることです。

 

「ケンカは我慢」しつつも、既存の商慣習にとらわれることなく「したたかに共存」する。

そうありたいです。

 

 

[ad#ads1]

 

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク