スポンサーリンク




未完成のアイデアは否定されるのが世の常。話す相手とタイミングを選ぶ<No 260>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

 

 

 

未完成のアイデアは否定されるのが世の常

いいアイデアを思いついたら、
誰しも誰かに話したくなります。

そして、自分と同じテンションで
返してくれることを期待するのですが、
十中八九、否定されます。

そこで自分が逆の立場であるときを
想像します。

すると、アイデアを聞かされた側は、
アイデアを言った側の思いとは関係なく
そのアイデアが完全ではないということを
相手に教えたくなるのです。

なので、私は話す相手とタイミングを選びます。

 

話す相手とタイミング

そうは言っても、これまで肯定よりも
否定された数の方が多かったでしょう。

相手を選ばずして話していたということ
もありますが。

 

税理士試験

私の場合、税理士事務所に勤務したのは
税理士になるからではなく、一般経理を
覚えるためでした。

そのうち実務に必要な知識を覚えるため
学校へ通い、その延長で試験を受けると
いつの間にか周囲からは、

  • 今年の試験はどうだった?
  • いつまでに税理士になる?
  • もう何年やってる?

という具合に否定のオンパレードでした。

なぜ、こうなったのか、
先のアイデアでいうと、
不完全な状態で公表したがために、
相手はその不完全さを追求するのが
自分の役目だと思うからです。

 

ビジネス

税理士として独立してからも
否定される機会はあります。

理由は、

  • 独立する税理士が全体の2割であること
  • ブログをやっていること
  • HPを自分で作成していること

など、マイノリティであるがために、
自分(自分が税理士なら)や
世の中の自分が思う税理士と
異なるからです。

こう言う場合も、否定する人は
ただ単に、自分の知識を相手に教えたい
だけなのです。

これも、こちらが不完全であることを
前提に否定します。

 

話す相手とタイミング

税理士試験の場合、
多くの方が務めながら
受験を続けるので長丁場になります。

普通の勤め人であれば、
普通に努めているだけで
大変なことです。

ですが、税理士事務所勤務
で資格がなければ、

「人でない」

くらいの扱いを受けることも
あります。

ストレスは極力減らした方が
良いので、話す相手も、

  • 同じ志を持つ人
  • 2、3歩前を走る人
  • アイデアを潰さずに議論出来る人

に限定します。

また、「話す相手とタイミング」以前に

  • 勉強していることを話さない
  • 事務所勤務していることを言わない

くらいでもいいでしょう。

負の飲み会も要注意です。

そういう場には極力近づかないようにします。

 

 

[ad#ads1]

 

 

<編集後記>
4時40分起床後、ルーティン
日中勤務
勤務後、散髪
帰宅後、ブログ執筆

やはり夜にブログを書くと
負の内容になってしまいますね(-_-;)

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク