スポンサーリンク




ビジネスでも、「かかりつけ医」を持っておこう<No 95>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

身近な「かかりつけ医」は、安心感を与えてくれる

世間一般で、「かかりつけ医」をもっておくべきとはよく言われます。

最近では減りましたが、老人医療の負担がない頃、医業の待合室では

老人達が毎日「座談会」を繰り広げていました。

(学生自分、混雑しているにもかかわらず、先に診察してもらったことに違和感がありました…)

彼らの目的は「座談会」でありながらも、「かかりつけ医」から適切な医療を受け、自己管理出来ていることには違いありません。

 

 

出来ることではなく、求められることに近づく努力がビジネス

先日、風邪が原因だった鼻水が終わると、鼻周辺に痛みを感じたので、「耳鼻咽喉科」で診てもらいました。

副鼻腔炎かと予想したものの、その症状はないとのこと。

薬を処方してもらいましたが、薬を飲みつくすと、その後は、ひどい眼精疲労になりました。

その後、眼科でたくさんの検査をした結果、異状なし。

言われた言葉は、「眼精疲労に特効薬はない。肩こりみたいなもの」でした。

このまま痛みを抱えたまま生活するのも不便だと思い、整骨院に行きました。

そこで言われた言葉は、「腰の痛みが全部、目に来ましたね」でした。

確かに慢性の腰痛が、眼精疲労が出だしてからは、なくなっていました。

そこでは、柔整による施術を受けたのち、初めての「鍼灸」を体験しました。

肩から首に医療鍼をさした後、電流を流す施術にはびっくりしましたが、結果は、完治。

痛みそのものを除いているわけではないようですが、痛みを感じないようになったことには満足です。

 

今回の、耳鼻咽喉科→眼科→鍼灸整骨院への流れは、自身の判断によるものです。

ビジネスにおいても、自分の出来ることをすることは当然のことですが、お客様の求めていることは、それ以外にある場合もあります。

仮に、その求めている答えが自分の範疇ではなかったとしても、

  • 範疇ではないことを前置きしつつのアドバイス
  • 適切な他のサービスの紹介

などは、お客様の心をつかむチャンスとなります。

 

 

士業のワンストップは効率的

ここ数年で、士業を取り巻く「ワンストップ」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。

要は、一度立ち寄れば、どのようなお悩みにも答えられるというサービスです。

一つは、法務事務所という名で、弁護士又は司法書士をベースにして、そこに税理士や社労士などと共同で運営するかたちです。

規模の大きさよりも、それぞれのスペシャリストが個人で集まる形態です。

二つめは、従来の税理士事務所に、司法書士、行政書士や社労士を加えて、幅広い業務に対応する形態です。

どちらにおいても、「痒い所に手が届く」サービスをお客様に提供しようとする意図は見られます。

しかし、これらのように一つの組織に集合していなくても、紹介できる「横の繋がり」を密にしておけば可能なサービスです。

要は、お客様の要望する適切なサービスを、迅速に、かつ、いつでも提供することが出来れば良いのです。

効率的な士業のワンストップを、個人でもかなえられる「身近なかかりつけ医」を目指したいです。

 

 

[ad#ads1]

<編集後記>

帰宅後、ラン&風呂

その後、20時に夕食を終え、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク