スポンサーリンク




Evernoteで効率化。修士論文に欠かせない文献管理テクニック<No 15>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

書けなくても集めることはできる

修士論文を書くにあたって、何からどのように手を付けたら良いのか悩む方も多いと思います。

タイトルや論文の外観が決まると、文献の収集にあたりますが、

書こうと思ってもそうそう書けるものでも、ありません。

ですので、M2(大学院2回生)の前期は、ひたすら文献の収集にあてます。

文献は、書籍と論文を合わせて、少なくとも50、多い方だと100に上ります。

間際になって、大学図書館に駆け込んでも、貸出中になっていることがほとんどです。

よって、M2の前期をこつこつ文献収集に充てることで、提出間際に焦ることなく、論文作成を進めることができます。

 

Evernote×修士論文

この集めた文献が、増えるごとにきちんと整理しておかないと、後から探すのが至難の業となります。

そこで、文献管理にお勧めするのが

 アナログ編
① 書籍と論文をわけてファイリングする(コピーしたもの、以下同じ)
② それぞれのファイルの1ページ目に、エクセルで、タイトル・著者名・出版社・発行年などを記載
③ 文献が増えるごとに、エクセルに②を加える(その都度、加筆しないと、後からは出来ない)
④ それぞれの文献コピーの最初に、所蔵場所がわかる所蔵情報を一緒にホチキス止めする
⑤ 書籍は④に加えて「奥付」(書籍の最後に、タイトル・著者名・出版社・発行年が記載されたページ
をコピーして、ホチキス止めする
⑥ よって、所蔵情報と文献コピーに書籍なら奥付をまとめてホチキス止めしたものになる
⑦ それぞれに通し番号を、大きく目立つように記載して、先ほどのエクセルにも同じく通し番号をふる

 これで、最低限の文献管理が可能ですが、これに加えてEvernoteを利用することで、より文献管理が容易になります。

 Evernote編

2016-08-01 (1)

① 文献を、スキャナーでEvernoteに取り込む
② サーチャブルPDFで取り込むことにより、PDFファイルの全文検索を可能にする
③ 取り込んだPDFファイルとは別に、自分が論文に引用した部分を、文献ごと、引用箇所ごとに
打ち込んでおく
④ 実際、引用していなくても、後々、使えそうな言い回しは、③とは別ファイルで管理しておく

 ①により、アナログファイルを持ち運ぶことなく、自宅・図書館・カフェ・職場など、どこでも
文献にアクセス出来ることになる。

 ②「この内容の論文どこにあったかな?」とアナログファイルを一から探すのはかなりの時間ロスに
なります。全文検索が可能なので、複数の文献に一発でヒットすることが可能になります。

 ③ PDFファイルとは別に、手打ちのものを管理しておくことで、後々の論文本体の修復が楽になります。論文本体の一部が消えることなどは、頻繁におこります。同じものを管理しておくと、そのまま貼り付けて修復可能になります。

 ④ その場で、引用しなくても、あとから必要になることは多々あります。③同様に、加筆が容易に出
きます。

 文献数が多くなると、紙ベースのファイルは2、3冊になり、かなりの重量です。Evernoteで管理できると、持ち運びの必要がありません。

最後に、Evernoteの最大の魅力は、やはり、全文検索が可能なことでしょう。

 論文作成は、時間との闘いです。参考文献を効率的に管理し、論文執筆に集中しましょう。

 

 

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク




4 件のコメント