スポンサーリンク




トライアスロンビギナーが選ぶ競泳用ゴーグル<No 1258>

)競泳用ゴーグル

2ヶ月ぶりのプール

来月、7月にトライアスロンのレースがあるので、今はその準備をしています。

緊急事態宣言中、バイクとランの練習はできるのですが、プールが閉鎖されるとスイムの練習はできません。

当初、5月末までだった宣言が、6月20日まで延長され、その影響で市民プールは以前として閉鎖しています。

仕方なしに、6月1日からオープンしている民間ジム(コナミ)のプール専用パスを購入しました。

月額7,040円で利用できるのは、プールのみ。ジムは利用できません。

ひと月で解約する予定でしたが、入会時に事務手数料含めて1万円超、そしてすぐに翌月分が課金されていました。

利用ゼロでいきなり2万円近い出費なので、元を取るべく、足繁く通っています。

バイクとランに比べて、スイムの練習量は明らかに不足しています。
 
2ヶ月ぶりに泳ぎましたが、幸い泳ぎの感覚は残っていました。
 
トライアスロンをはじめた頃、数十年ぶりに泳いだら、まったく泳げず。
 
25m泳いで肩で息をしていた頃までは衰えていなかったので安心しました。
 
ただ、いきなり長い距離を泳いでもカラダにガタがくるといけないので、
 
  • 初日 500m
  • 二日目 600m
  • 三日目 700m

と徐々に増やしています。

昨日、800m泳ぐ気満々でいたのですが、休みでした。

三日泳いで気になったのがゴーグルです。

内部に水が入りやすくなってきたので新調しました。

トライアスロンビギナーが選ぶ競泳用ゴーグル

スイムに必要なモノ

スイムはランニング同様、比較的気軽に始めることができます。

  1. 競泳用水着
  2. キャップ
  3. ゴーグル

の3点だけ。

ランニングはシューズが1万円近くすることを考えると、スイムの方が身につけるモノは安いです。

ただし、プール設備の利用料がかかるので、そういう意味ではランニング以上にお金がかかるとも言えますね。

Amazonでセット販売

スイム単体や競技としてのトライアスロンを続けるかどうかわからないのであれば、ネットのモールで売られている安価なセット販売で十分です。

実際、私もAmazonで、

  1. 競泳用水着
  2. キャップ
  3. ゴーグル
  4. 吸水タオル
  5. バック

のセットを2,390円で買っています。

水着 メンズ 【 メンズ競泳水着セット 】 Dripx スイムウェア フィットネス スイミング ゴーグル スイミングキャップ 防水スイムバッグ 吸水タオル 5点セット (ブラック, 3XL)

このうち、水着と吸水タオルは今も利用しています。

キャップは、紛失してしまったので、レース出場でいただいたキャップを使っています。

バックはちゃちい(安っぽい)ので、バックインバックとして使えないこともないですが、かさばる素材なので使っていません。

ゴーグルは、とりあえず用には十分でしょう。

ただ、曇り止め効果は薄く、傷もつきやすいので、初レースまでの練習用かなと。

レース前にメーカーもので気に入ったのを買った方がいいでしょう。
気分も上がるでしょうし、

水着と吸水タオルもゴーグル同様の品質です。
 
ゴーグルほどの優先事項でありませんが、これもどこかのタイミングで単品で気に入ったモノに変えたほうがいいでしょう。

度付きゴーグル(SWANS)

視力が0.1以下の私は、裸眼だとぼんやりしか見えません。

コンタクトをつけたまま泳いでいると紛失のリスクがあるかと思い、度付きゴーグルを新調しました。

SWANS 度付きゴーグル

ネットだとイマイチよくわからなかったので、眼科でもらった処方箋をたずさえて、ショップへ行きました。

SWANS Official Store Osaka

レンズとバンドは別売りです。
 
メガネのように、処方箋の内容をきっちり再現することはできません。
 
5つ程度のなかから自分の数値に合ったレンズを選ぶのですが、私の数値をカバーしたモノはなかったので、一番強いレンズにしました。
 
装着して泳いでみると、全然問題ありません。
 
色をクリア(透明)にしたのもありますが、かなり明るく視界がくっきりして気持ちよく見えました。
 
オススメです。

自由形専用ゴーグル(SWANS)

プールまでコンタクトレンズをつけた状態で走って行くと、そのまま泳ぎたくなります。

度付きゴーグルは気に入っていましたが、コンタクトを外さなければならないので、通常の新しいゴーグルを探すことにしました。

度付きゴーグルが良かったので同じくSWANSにて。

調べたところ、自由形専用モデルがあったのでそれにしました。

自由形(クロール)だと前方を見る機会が少ないので、それを補うために、前方の有効視野が2倍以上見えるつくりになっています。

トライアスロンだと横に流されていないかどうか、コースを確認しつつ泳ぐので。

実際、つけて泳いでみると、前方は2倍どころかそれ以上に見えます。

ただ、レンズが小さいからか、クッションが小さいからか水がレンズの下から入りやすく。

バンドをキツくすれば改善できるのかもしれませんが・・

自分に合ったモノを見つける

前述の水漏れを改善すべく、昨日、新しいゴーグルを購入しました。

早速、利用しようとしたのですが、プールが定休日で試せず。
 
競泳用ゴーグルは2,000円以下で買えるので、いろいろ試して自分に合ったゴーグルを見つけましょう。

<編集後記>
6月15日火曜日
5時30分起床後ルーティン
午前中、オンライン税務ミーティング、チャット対応、ブログ改善、利用者識別番号変更届け
午後からブログ更新。
夜は、サッカー観戦のため19時25分までにすべて完了。
万全の状態で対キルギス戦観戦して就寝。

スポンサーリンク