スポンサーリンク




泳げない子を、ヘルパーなしで泳げるようにする<No 1216>

)プールからの帰り道

帽子は濡れた髪のままだと冷たくなるので

往復8キロの道のり

週末の土曜日、娘(8歳)を連れてプールへ行ってきました。

前日の金曜日、自分がスイムの練習へ行ったので、娘に教えて欲しいと妻から。

この日も自分のスイム練にあてる予定でしたが、変更して娘を連れて行くことに。

片道4キロ(往復8キロ)の道のりを、嫌がらずについて来てくれるか心配でしたが、
泣き言なくついて来てくれました。

逆に「とうち、いつもこんなに遠くまで来てるの」とこちらを認めてくれている様子。

連れて行って良かったです。

<セミナー情報>

泳げない子を、ヘルパーなしで泳げるようにする

小1の夏、はじめて5日間のスクールに通いました。

そのときできたことは、

  • 補助あり水中歩行
  • 補助あり立ち飛び込み
  • ビート板キック練習中

といったところ。

顔つけると立ち止まってしまうので、泳げるとまではいかず。

そして、この春にも4日間のスクールへ通い、なんとか

  • 顔を水につける
  • ビート板+ヘルパーありで10m程度

進めるようになりました。

私の1時間程度のサポートで、ここからどれくらい泳げるようになるのかは未知数でした。

現状を知る

春季スクールへは妻が連れて行っていたので、私は現状を知らず。

とりあえず、ビート板とヘルパーをつけて泳ごうとしたのですが、馴染みの市民プールにヘルパーはあらず。

ビート板のみで始めることにしました。

幼児用プールの水深は55センチなので、娘もこわくありません。
(とはいえ、大人の目は必要です)

試しにビート板だけで泳いでもらうと、2mほどで足がつきます。

ずっとヘルパーありで慣れていたので当然でしょう。

私が娘のお腹のあたりを抱えながら一緒になって進みました。

ヘルパーなしで泳ぐ感覚を身につけてもらおうと。

ただ、ずっとサポートありだと進歩がないので、足の動きを覚える練習をしました。

プールサイドでバタ足

ヘルパーありだと浮力があるので、それに必要な足の動きしかしません。

ヘルパーなしに必要な足の動きを覚えてもらおうとプールサイドでバタ足の練習をしました。

最初に伝えたポイントは2つ

  1. ひざを伸ばす
  2. 足首を伸ばす

ひざや足首が曲がっていると、足の動きを太ももだけで水に伝えます。

ひざや足首が伸びてるいると、足全体のチカラが水に伝わります。

短いオールで漕ぐよりも、長いオールで漕ぐ方がたくさんの水をかけるのと考え方は同じです。

言葉だけだと伝わらないので、大人が足を持って補助をします。

慣れたきたら、さらにもう2つ。

  1. 小さく
  2. 速く

足を大きく蹴るとチカラが分散するので、小さく蹴ります。

そして、より速く蹴ることで、推進力を増やします。

実践練習

バタ足の練習を一通り終えたところで、実際に練習で泳いでみます。

サポートありで泳いでみると、最初に比べて私の手にかかる重さが減ったのがわかります。

2、3度練習したのち、サポートなしで泳ぎだしました。

すると、横幅5メートルの端から端までたどり着きました。

そして、縦幅7メートルの端から端へも。

ヘルパーなしで泳げるようになったので、今度は泳ぎなから顔を水につけるようにいったところ、無事にクリアしてくれました。

正直、小一時間では無理だろうと思っていたので驚きです。

<サービスメニュー>

心がけたこと

ゼロの状態からだと、今回ような成長はなかったでしょう。

前提として、ヘルパーありでも顔をつけて泳ぐ練習をしてくれていたので助かりました。

ずっとスクールへ通ってくれるなら、私が教えることはなかったのでしょうが、これはこれで自分にとって人に教える練習にもなりました。

心がけたことは、

  1. 絶対に怒らないこと
  2. 褒めながら伸ばすこと

自分がスクールに通ってた頃(40年前)、プールのなかで立たされていたので、それが嫌で止めたからです。

小2でバタフライも含めてすべての泳法で泳げていたので、今思うと止めたのは残念です。
(6年まで常にクラスで1番でした)

次の目標は、ヘルパーなしで泳げる距離を増やすこと。

サポートで行ったとき、私は泳げないのではありますが。
(娘がまだひとりで待っていられないので)

<セミナー情報>

<編集後記>
4月9日金曜日
5時00分起床後ルーティン
午前中、税理士業務、ミーティング準備、eo光解約
午後、プールまでランニング往復8km、帰宅してからブログ更新

4月10日土曜日
6時00分起床後ルーティン
午前中、娘を連れてプールまでランニング往復8km
午後からメールコンサル(受ける方)のアドバイスをブログ・HPへ少しずつ反映
DAZNでセレッソ大阪観戦、翌日のロードバイク130キロの準備 

4月11日日曜日
4時50分起床後ルーティン
終日バイク130kmの旅(大阪〜京都嵐山〜亀岡〜大阪)
午前7時出発、午後5時帰宅。
アクシデントなく無事に帰ってこれて何よりです。

スポンサーリンク