スポンサーリンク




利益を上げて、お金を残すためにやるべきこと。その在庫は適正か?<No 763>

 <サーバトラブルにより画像の一部が消失し、ご不便おかけしております>

利益を上げて、お金を残す

独立したら、仕事を受けて利益を出さなければ食べてはいけません。

この「利益」を出すためにやるべきことは、

  1. 売上を増やして
  2. 経費を減らすこと

 

今日は、「在庫」についてお伝えします。

 

 

在庫は適正か?

在庫とは?

モノを売る商売だと商品の仕入れが必要になります。

仕入れた金額が費用となり、
売った金額が、売上となり差額が粗利益です。

ただし、仕入れた金額のすべてが費用になるわけではありません。

その年度に使っていない商品は、在庫として仕入れから除外しなければいけません。

この作業のことを棚卸しと言います。

 

 

棚卸し(たなおろし)とは?

日本がサッカーW杯に初出場した1998年の夏、
私は営業職を辞めてバイトをしながら簿記2級の勉強をしていました。

ローソン各店舗に4人編成のチームで向かって、
在庫の棚卸しをするという仕事でした。

店舗の商品をひたすら数えて端末に打ち込みます。

食べるために選んだバイトでしたが、

  • バイト同士の会話がない
  • ダサいジャンパー
  • 薄給

が理由で辞めました。

いや、記憶を辿ると違います。

仕事で訪れた店舗のオーナー夫人との立ち話で見初められ、
オーナーから名刺を渡されて、そこで働くことになったのです。

そのまま1年以上そのお店のお世話なり、
25歳の事務所勤務デビューまで働きました。

推された店長の話はお断りしましたが、
それでも、時給とは別に月3万円の手当を付けてもらったことは嬉しかったです。

プー生活のなか、人に必要とされることが心に滲みました。

 

 

期末在庫の棚卸し

仮に、売上が10としたときに、

売上 10−仕入れ 7=粗利益 3 とはなりません。

費用になるのは実際に売れた商品の原価(仕入れ価格)なので、

売上 10−売上原価 8=粗利益 2 となります。

この場合、売上原価の計算は、

期首在庫 3+ 仕入れ 7 − 期末在庫 2=8 となります。

 

 

過剰在庫で利益はあるのにお金がない

在庫が適正でないと、お金の流れが滞ることになります。

というのも、在庫は本来カタチを変えながらお金へと進化するのですが、

在庫が在庫のままである、いわゆる「過剰在庫」であれば、
利益があるのにお金がないという事態に陥ります。

つまり、商品購入時にはお金を払ったけど、
そのお金を売上として回収できていないということです。

 

 

過少在庫ならいいのか?

逆に、在庫がほとんどない状態は、お金の流れとしては良いのですが、
時に、ワザと在庫を減らすことがあります。

税金を払いたくないときです。

こういった場合、税務調査では高い確率で突っ込まれます。

 

 

意外と多い「在庫」論点

在庫で書けるネタって少ないかなと思いきや、
書いてみると意外とありました。

おかげでいい勉強になりました。

 

 

 

 

<編集後記>
5時05分起床後ルーティン
午前中、個別相談受付、日本公庫書類送付、ブログ画像修繕、5月分自分の経理、
    adquicktag修繕、デザイン百貨店で名刺作成・発注、
    キャッシュフローコンサルティング仕込み
午後から、ブログ執筆

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク