スポンサーリンク




断るのも仕事のひとつです。断る基準を決めておく <No 11>

 <サーバトラブルについて>

サーバトラブルにより過去記事の画像が一部消失しご不便おかけしております。

紹介時のスタンス

先日、知り合いからの紹介がありました。

どういった経緯で、仕事を受けるかにかかわらず、 まず、お話しさせていただきます。

スタンスとしては、

① 仕事を受けることを前提としない
② 断ることも念頭においてお話しする
③ その場で断らない
④ 事業者であれば過去3年分の資料を確認する

今回は、電話での依頼があった後、郵送にて資料の確認となりました。

 

断る基準は決めておく

紹介のケースだと、紹介者との関係が親密であれば断りきれないこともあります。

また本来なら断るべき事案でも、紹介者の良いイメージをそのままに「いい人であろう」という先入観から入ってしまいがちです。

そのためにも、「断る基準」は決めておく必要があります。

① 言葉遣い
② 字の丁寧さ
③ 過年度資料の内容
④ 切手の貼り方が乱雑
⑤ 書類送付状がない
⑥ 納税意識が低い

言葉遣いは、紹介者が共通の知人ということもあり、緩みがちになりますが、 初対面のビジネス上においては、互いに気を付けるべきところであります。

達筆な字は、必要ありません。

上手でなくても、丁寧に書いているかいないかは、 読む相手に伝わります。

なかでも、大切なのは、納税意識なのではないかと思います。

皆さん、節税を求める のは致し方ないです。こちらも、それに答えてあげたいです。

しかしながら、節度があります。 その場で断るのではなく、何かしら検討したことが相手にも伝わるような断り方が、紹介者とご本人に対する配慮ではないかと思われます。            

 

[ad#ads1]

RECOMMEND



「利益を上げて、お金を残す」ためのコンサルティング

  • お金の出入りが把握できていない
  • 経営判断に自信がない
  • 数字に苦手意識がある

こんな方のためにコンサルティングサービスを始めました。

)西順一郎先生のSTRAC表を加筆引用

 

お金の流れを見える化することで、お金の悩みを解決します。

スポンサーリンク