スポンサーリンク




「やらないこと」をあえてやってみると、「やるべきこと」が見えてくる。その仕事は、相手の生き方にかかわることか?<No 928>

誰に対しても、「〇〇さん」で統一しています。

 

 

「やらないこと」をあえてやってみる

今日は、とある団体の税務相談に行ってきました。

年間を通じて全5回、今日は4回目です。

窓口での受付スタートも近いので、税務相談というよりは、
決算書と申告書のチェックがメインです。

午前の部は、9時15分から始まり12時で終わる予定でしたが、
7名ほどこなした11時過ぎには、ほぼ人がはけていました。

午後は13時から5名ほどこなして予定通り15時に終了。

久々に、電卓を叩いたので、
自分の「やりたいこと」「やるべきこと」を整理することができました。

 

 

「やるべきこと」が見えてくる

電卓で消耗しない

基本、個別の税務相談や記帳指導では税理士が電卓を叩くことや、
申告書を手書きすることはありません。

あくまでも、「口頭による指導に留めておくように」とのお達しがあり、
今日も、その
つもりで望んだのですが、両隣を見ると、普通にガンガン叩いています。

若いのひとりだけ、叩かないわけにはいかないので、郷に従うことに。

ただ、できそうな方には、「次回以降、ご自身で書けるように」というこちらの思いで、
極力、電卓は叩いていただくようにしました。

普段、Excelや会計ソフトを利用しているので、電卓を使って計算することはありません。

青色決算書の数字は、会計ソフトと連動させているので計算することはなく、
申告書は決算書と連動させているので、こちらも計算することはありません。

今回、決算書の集計や、申告書のシンプルな計算だと、電卓でも問題ないのですが、
面倒に感じたのが、生命保険料控除の計算です。

あの不毛な計算式を今日は何度電卓で叩いたことか。

ソフトに金額いれたら一発で出るのに

同じ控除でも、社会保険料や小規模なんかだと保険料そのものが控除額なのに、
生保だけ何であんな算式採用しているのか?

つくった人に現場に来て電卓叩いて欲しいものです。

  • 新は上限4万
  • 旧は上限5万
  • 一般・年金・介護でトータルの上限12万

くらいは知っていますが、新と旧があるときの手計算、地味に間違います。

手計算のとき一番いいのは、赤色の手引きの算式に記入。

ここで脳みそ消耗するのは本当にもったいないなと。

 

 

改善案

事務所であれば、2人3人と複数の目でチェックしますが、ここではどうなのか。
(今後の展開がわかっていません)

申告会場であれば端末を使うので、入力ミスがない限り計算を間違うことはありません。

PCひとり1台用意してくれたら、半分以下の時間で終わるのでしょうけど。

しかし、今回はExcelやPCは使っておらず、人力で計算しているので、
どこかでミスが起こっていてもおかしくありません。

昔ながらのやり方を続けるのが名目となっており、
現状をもっと効率化していこうという思いがないのか。

もう少し、時代に合ったやり方で現場を改善して欲しいものです。

参加される方はご年配の方が多く、若い方は国税HPを使うなり、
ソフトを使うなりして自身で申告されるのでしょう。

おひとり、国税HPを利用した決算書を印刷して持参された方がいらっしゃいました。

ほぼ出来上がっている状態で、そのまま提出できるにもかかわらず、
どうして持参されたのか聞いてみると、
団体との付き合いを断れないからとおっしゃっていました。

 

 

生き方にかかわる仕事

とはいえ、こういう時間のおかげで、普段会う機会のない方と話すことができるのも事実です。

ただ、機械に頼ることで、人はよりコミュニケーションに注力することができます。

「計算が合っている合っていない」で終わるのなく、
その人の生き方にかかわる仕事がしたいものです。

 

<編集後記>
4時45分起床後ルーティン
午前中、お問い合わせ対応、消費税計算(本則と簡易)手書きで練習、とある団体の税務相談
午後から、引き続き税務相談、帰りに申告資料をいただいて、その後ブログを書きました。

スポンサーリンク