「残業、土日勤務」の私が変えたことは「ひとつ」だけ。駄目元でも言ってみる<No 455>

Pocket

)タケル 東三国店

 

 

3月1日

確定申告の期限まで今日を含めて後15日。

平日だけなら、11日。

いよいよ佳境に入りました。

勤務時代、2月の後半あたりから、
ひとりで残業、土日出勤はザラでした。

タイムカードのない職場だったので、
残業は自主申告。

そのうち報告するのも面倒になって、
サービス残業と化してました。

そんな私も独立してから、
残業とは無縁の生活をしています。

 

 

変えたことは「ひとつ」だけ

勤務時代、
3月10日を越えてからくるお客様が、
10件近くありました。

残業のボトルネックはここです。

これを回避するために、
変えたことは「ひとつ」だけ。

期限の前倒しです。

既存のお客様は2月末、
新規のお客様は1月末、
を資料の預かり期限としました。

結果、飛び込みのお客様1件を残し
すべての資料が2月末までに届いています。

おかげで、

  • 残業はしない
  • 土日は働かない
  • 1月10冊、2月9冊読了
  • 平日毎日ブログ
  • オリンピック観戦

が可能になりました。

 

 

駄目元でも言ってみる

勤務時代、資料催促の電話を入れることはできても、
従業員の立場から期限を設けることはできませんでした。

もちろん、お願いなので強制力はありませんが、
駄目元でも言ってみる価値はあります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

<編集後記>
0時20分からアルガルベ杯観戦
5時45分起床後、ルーティン
午前中、個人決算、執筆赤書き
午後から、ブログ執筆、読書

 


 

アルガルベ杯。開始10分で見方を変えました。

大量失点で、体制が変わることを望みながら。