スポンサーリンク




MNP モバイル・ナンバー・ポータビリティーで携帯変更。手続きはネット or 店頭 or 電話?<No 203>

)AUサイト

キャリアからMVNOへ

これまで6年間使用した携帯電話を解約し、13年間利用したauに別れを告げることになりました。

解約の理由は、

  • バッテリーの劣化が激しい(メイン1つ及び予備2つの合計3つ)
  • 6年間使用して本体も劣化
  • 故障時のリスクマネジメント

などです。

同じau機種への変更も考えましたが、料金面では格安携帯・スマホ(以下、「MVNO」)には勝てませんし、キャリアしかない魅力というものも見当たりません。

そこで、モバイル・ナンバー・ポータビリティー(以下、「MNP」)を利用して、MVNOに変更することにしました。

auでのMNPの方法は3つ

ネットで手続きをしようと思いましたが、早朝8時は受付時間外のため、9時まで待つことに。

IT企業が24時間対応していないのは残念です。

EZwebでのMNPの予約

au携帯の契約を「電話のみ」のサービスにしているため、EZwebが利用出来ません。

PCから直接auサイトにログインして、MNP予約を試みましたが、何度やっても上記の画面に戻ってしまいました。

どうやらPCサイトからの手続きは出来ないようです。

店舗でのMNPの予約

ならば、直接店舗に行った方が早いと思い、近隣auショップに向かいました。

ところが、待っている6名に対して待ち時間が1時間から2時間とのこと。

そして、電話での対応を促されました。

電話でのMNPの予約

コールセンターに問い合わせると、ガイダンスの音声が流れます。

音声に従い、サービスを選択すると、待つことなくオペレーターが電話口に出ました。

ここから最後の営業攻勢を受けます。

  • 解約の理由は?
  • どこに変更?
  • ポイントが残っていますが?
  • UQモバイルなら本体込みで月々○○円です
  • 本当にいいのですか?

オペレーターのかたもお仕事ですので、丁重にお断りします。

途中、2度ほど個人データ確認のため待たされますが、比較的素早い対応です。

所要時間は7,8分程度で、お目当ての10桁の「MNP予約番号」がオペレーターから告げられます。

このMNP予約番号を変更先の携帯電話事業者に伝えます。

動く前にその場で出来ることを考える

今回、HPでの手続きを試みるところまでは良かったのですが、その後、「電話でのMNP予約」を選択すべきでした。

行って話した方が早い

と思ってしまうところが昭和生まれの悪いところです。

自分の用事が短時間で済むようなことでも、店舗で同じように待っている人がいれば、短時間では済みません。

結論、電話が一番早かったことに驚くと共に、自身の仕事においてもあり得ることだと認識しました。

<編集後記>
4時35分起床後 ルーティン、FREETELで契約
6時40分からラン
午前中、個人 税額確認及びe-tax
午後から 申告書返却、請求書発行、MNPの予約申し込み

スポンサーリンク