スポンサーリンク




FREETEL2つ折りSIMフリースマートフォンMUSASHI。携帯感覚で使えるスマホは初心者に最適<No 205>

ネット契約で素早い対応

2017年2月21日に携帯変更手続きのために、モバイル・ナンバー・ポータビリティー(以下、「MVP」)を利用しました。

変更先の携帯電話事業者は、格安携帯・スマートフォン(以下、「MVNO」)のFREETELです。

店舗での購入だと、近隣であれば梅田ヨドバシカメラまで行かなくてはなりません。

今回、時短のため、ネットでの購入を選択しました。

手順は、

  1. まずはネットでFREETELに申込(2月21日午前)
  2. 旧事業者のauに連絡し、MNP予約番号を取得(同日13時)
  3. FREETELにMNP予約番号をメール送信(同日14時)
  4. FREETELより商品発送のメール受信(2月22日21時)
  5. 商品到着(2月23日午前9時)
  6. FREETELに電話連絡してMNPが完了。電話使用可能になる(同日11時)

途中でMNP利用のため、新旧事業者間での携帯番号の引継ぎが行われます。

そのやり取りに結構時間がかかると思っていたのですが、想定していたよりも早かったです。

ただ、FREETELに予約番号を送信したときに、自動返信メールがなかったので少し不安になりました。

商品発送メールが来るまで、1日ちょっと。

最近だとAmazonであれ何であれ必ず、自動返信メールがあるので、改善してもらいたいところです。

携帯 & スマートフォンと比較

これまで私が使用していたのが、

  • s001(au携帯)
  • URBANO(mineoスマホ)

の二つでした。

元々、1台にまとめようとしましたが、リスクマネジメントのために2台持っていました。

機能面とリスク管理の両面で基準をクリアーすれば、1台にまとめるつもりです。

大きさは?

今回導入したMUSASHIは、ネット購入のため現物を見ていませんでした。

触った印象は、「デカい」です。

S001(右)と比べてみると、こんな感じです。

HPで見ると、昔ながらの折り畳み携帯のイメージでした。

なので、想定していた

従来の折り畳み携帯にスマホ機能が付いた

というよりも、むしろ

スマートフォンを単に折り畳みにした

と言った方がしっくりきます。

本体の長さはURBANO(右)よりやや短いけれども、画面の大きさは全く同じです。

「2つ折りSIMフリースマートフォン」なので、当然と言えば当然ですが…

開いた状態を写真で見ると、従来の携帯と変わらない印象なので。

重さは?

結構重いです。

薄くて軽いiPhone利用者のかたには厳しいでしょう。

重量感のあるのが好きなかたには良いかもしれません。

使った印象は?

使用前は、本体を開くと現れる従来の「物理ボタン」での操作が、メインになるのかと思っていました。

しかし、折り畳んだスマホ状態での操作が、所有するスマホよりも快適に動作します。

勿論、物理ボタンでの操作も違和感ありません。

よって、今のところの印象は、

フル携帯+フルスマートフォン

で、所有する(していた)2台を合わせた機能を凌駕しています。

<編集後記>
4時50分起床後、ルーティン
午前中、e-tax1件、申告書返却、請求書発行
午後から、FREETEL設定、ブログ執筆

スポンサーリンク